前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

自分らしく人生を楽しむコツ〜無邪気な好奇心

今日は昨夜降っていた雨が上がり、

午後には澄んだ青空が広がる気持ちのいい一日でした。

 

空の色って青は青でも毎日違いますね〜!

今日は一層透明感のある青で、

空に飛び込んで行きたくなります♪

 

 

この澄んだ空に飛び込んでも、

そこには何もなく、ただ空があるだけ、

アニメのように雲に乗ったりできない、と子供の頃に知り、

 

以来、空を飛んでみたいと憧れたり、考えたりすることも

ありませんでしたが、

 

この年齢になって

あのきれいな空に飛び込んでみたいなぁ!と

本気で素直に思ったりするようになりました。

 

何もなくても、

やってみても何の意味もなくても、

気持ちよさそうだから、どんな感じなのか知りたい、で

理由は十分ですよね。

 

 

子供の頃に無邪気に思うこと、それを言うことが、

無知だとか、子供っぽいとか思ってしまい、

 

くだらないこと、恥ずかしいことだと思い込んで、

 

そんな夢見がちなこと、非現実的なことは

考えない、言わないようになっていたのだなと

いい大人になってから気づきました。

 

今思えば、子供が子供らしく無邪気であること、

知らないことがたくさんあることは

とても自然なことなのに、

 

つまらなそうに生きている大人のマネをして、

人に笑われないように、

なんでもわかっているフリをしていたのかなと思います。

 

 

でも本当はその無邪気さや好奇心、

知識が少なくて固定概念に縛られていないことが、

宝物だなと思います。

 

仕事や生き方でも、

結婚生活やパートナーシップでも、

 

普通こうでしょう、こういうもの、と思うところを、

 

どうしてそうなの?

どうしてこうしなくちゃダメなの?

そうでなくてもいいのでは?

みんなそう言うけれど、自分でやってみたらどうなるかしら、と、

 

素直に思うことを伝えてみたり、

やってみたりすることで、

 

思わぬ世界が広がったりするのだと、

 

今のような生き方をするようになってから気づきました。

 

 

今の暮らしも、仕事も、生き方もそうですが、

 

結婚していても、

夫が仕事の都合でその街から離れられなくても、

自由に好きな場所で暮らすことはできますし、

 

一緒に暮らさなくても絆は深まりますし、

 

何か立派な資格や肩書きがなくても

仕事はでき、暮らしていけますし、

何歳になってもしてみたいことをやってみることができます。

 

前例がなくても、

そんなことをしたら大切なものを失うと言われても、

 

でもやってみたいことには、

それをしてどうなるかは気にせず、

無邪気に好奇心で飛び込んでいく価値があると思います。

 

人生で一度 やりたいことをして生きる アラフィフ

(ネパール カトマンズからポカラに行くセスナから撮影。

雲の上に見えているのはヒマラヤ山脈です。

実際に見ると神々しくて、まさに神々の世界でした!)

 

 

私は小学生の低学年や幼稚園生の頃で

もうすでに「つまらない大人風」でしたが、

 

現代は私が子供の頃に比べて

情報がもっと多くて、入るのも早いですから、

(今の一日の情報量は江戸時代の1年分だとか!)

 

3歳くらいでもうそんな風に

無邪気さや好奇心を手放してしまう子供も多くいるでしょう。

 

もったいないですね〜!

 

何にも色付けされていない無邪気さや好奇心が、

その子らしい世界をどんどん広げていくのですから。

 

 

自分の子供に限らず、世界中の子供が

つまらない大人のマネをしないようにするには、

 

それを否定しないこと、

子供っぽいと笑わないこと、

知識で無邪気さを枠にはめないことと、

 

私たち大人が、

子供のような無邪気さを楽しんで生きることだと思います。

 

子供は大人のマネをしますから、

大人がつまらなそうに生きていると、

子供もそうなりますし、

 

大人が色々諦めて、我慢をして、

自分を抑えて、自分に嘘をついて生きていると、

子供もそうなります。

 

すると世界がそんな世界になってしまいます。

 

 

逆に大人が毎日をワクワクしながら生き、

やってみたいことにどんどん挑戦し、

時に失敗しながらも、たくさん笑って無邪気に生きていると、

 

子供は挑戦するってカッコいいな!

失敗してもいいんだ、

でも幸せに生きられるんだ、と学ぶでしょう。

 

 

これは子供に限らず、

周りの大人にもいい影響があるのではと思います。

 

それを笑う人や許さない人、反対する人がいても、

 

中には、

いい刺激になったり、

生き方を見直すきっかけになったり、

 

もっと役にも立たないしてみたいことを

してもいいのだと気づいたりするかもしれません。

 

もちろん何も届かない人もいるでしょうが、

周りの反応など気にせず、期待せずに、

自分を生きることに夢中でいればいいのだと思います。

 

 

大人はどうしても未来や効率、損得を考え、

それをやってどうなる?と考えたりします。

 

青空に飛び込めるとして、

それをするのに10万円かかります、と言われると、

 

10万円も払ってするほどのこと?

それが仕事に活かせるわけでもなく、

将来の安定にプラスになるわけでもなく、

肩書きにもならず、

愛されるわけでもなく、

 

せいぜい「わ〜すごい!」で、数分、数十分で終わりなんて

もったいないと思ったりして、

 

10万円のパソコンやスマホ、冷蔵庫は役に立つから買うけれど、

それには使えないと思ったりするでしょう。

 

 

でも私はやっぱり無邪気さや好奇心から生まれたものを

叶えて生きたいなと思います。

 

この世界からあの世へ還る時、

パソコンも肩書きも持って還ることはできませんが、

その経験や感動は永遠に自分のもので、

 

してみたいことを自分にさせてあげてよかった、

幸せだったと思うと思いますから。

 

 

今日はたまたま私が

空に飛び込んだら気持ちよさそうだなぁと感じたので、

例えがそれになりましたが、

 

やってみたいことは、もっと小さなことでもいいのです。

 

例えば、お気に入りのカフェで本を読むとか、

誰にも会わないけれど飛び切りおしゃれをしてみるなど、

すぐにできることでもいいですし、

 

もちろん空を飛びたい!と、

スカイダイビングやハングライダーなどをしてみたり、

 

いつかやってみたいと思いながらやったことがないことで、

富士山に登ってみるとか、

フラメンコを踊る、

舞台で歌う、

フルマラソンを走る、などでもいいですね。

 

 

内容の大きい小さいは何でもいいですが、

今日お伝えしたかったのは、

 

子供のように無邪気に好奇心からしてみたいと思うことをする、

ということです。

 

別の言い方にすると、

それをワクワクすることと言うのかもしれませんが、

 

ワクワクと言うほどでもなくても、

ワクワクがわからないと言う人でも、

 

無邪気な気持ちで、好奇心が湧くこと、と考えると、

何か出てくるかもしれないなと思い、

書いてみました。

 

 

何の役にも立たないような、どうでもいいような、

でもおもしろそうだな〜と何となく惹かれることを、

 

コストパフォーマンスや損得、結果を気にせず、

楽しんで生きましょう♪

 

日本中、世界中が

そんな人でいっぱいの地球になるといいなと思います(^^)

 

「オンライン瞑想セミナー4」

2022年6月12日(日)13時から

詳細・お申し込みはこちら。↓

オンライン瞑想セミナー4 「高次元からのメッセージを受け取る」 - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪

 

二つ目のサブブログ

→「人生で一度くらい

ここでは書ききれない北海道や京都のお話や

暮らしのことなどを楽しく綴っています。

覗いてみてくださいね(^^)