前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

自分が大事にしているものに気づく問い

今日の京都は昨夜から降った雪で、

朝起きると一面真っ白でした!

 

昼間に少し晴れ、かなり溶けたのですが、

その後すぐにまた降り出し、積もり、

今も降り続いています。

 

私にはずっと降っていることが珍しく、

新鮮で、ワクワクして、

 

じっとしていられなくて昼間お散歩に出かけ、

帰ってからも窓から雪ばかり見ていて

 

全然事務仕事がはかどらない一日でした。笑

 

正直、今も頭の中が雪でいっぱいです。笑

 

仕事ができないほどワクワクするなんて最高ですね!

 

 

 

さて、ちょっと落ち着きまして、今日のお話です。

 

何かがあって予定をキャンセルしたり、

行きたいけれど行けない、

したいけれどできないという時、

 

何が理由ならしょうがないなと思いますか?

 

例えば、

大好きなアーティストの貴重なライブに誘われた、

憧れの人にデートに誘われた、

自分の子供の誕生会、

前から行きたかったキャンプなどのイベントの予定を

キャンセルしなくてはならない時、

 

何が理由ならあきらめますか?

(コロナはないという設定で。)

 

日本人の多くは、仕事ならしょうがない、と思うようです。

 

大ファンのアーティストのライブのチケットが手に入っても、

憧れの人とのデートの約束でも、

仕事が残業になったらどうしようもない、

 

前から予定していた子供の運動会や誕生会も、

ずっと楽しみにしていた旅行や趣味のイベントでも、

 

仕事が入ってしまったならしょうがないと

涙を飲んで諦める、という人は多いでしょう。

 

 

でも日本以外の国ではそうは思わない人が多いようです。

(世界では日本と韓国は

特に仕事第一の価値観のようですね。)

 

例えば、長年アメリカに住んでいる友人の話ですと、

 

何かを断ったり、あきらめたり、

しょうがないとみんなが納得する理由の一番は

家族だそうです。

 

家族が病気だから、

子供の学校の行事だから、

子供の送り迎えがあるから、

家族の誕生日だから、など、

 

仕事を断る理由、

行きたいお誘いを断る理由、

予定をキャンセルする理由として、

 

家族のことの場合、

周りの人も納得して、

それならしょうがないね、となるそうです。

 

体調が悪いのに無理をする理由も、

「仕事だから」ではなく、

「家族」だそうです。

 

 

世界の色んな国の友達と話をしても、

家族が理由の場合、みんな納得するという国は多いようです。

 

そうして眺めてみると、

日本のように「仕事だから」と言えば

誰も反論せずしょうがないと納得するのは

かなり稀なようです。

 

 

思い返してみれば、

昔から風邪薬のCMでも、

 

「大事な仕事があるのに熱が・・・」

「そんな時にこの薬!」・・・なんてことを言っていたり、

 

昔流行った栄養ドリンクのCMでは、

「24時間働けますか?!」と言っていましたよね。

 

風邪をひいて熱があるのに、

治るまでゆっくり休みましょう、ではなく、

薬を飲んで早く治して働きましょう、ってすごいですよね。

 

 

そういえば少し話がそれますが、

私が大学時代、

授業を休んでいいのは

自分の結婚式当日か、親のお葬式だけ、と言う先生がいました。

 

簡単にサボるのも問題だろうと思いますが、

風邪や体調不良くらいで休むなというのは、

労働者教育を通り越して奴隷ですよね。

 

そんな社会の常識の中で生きる大人を

子供の頃から見て育った私たちですから、

 

自然と「仕事だから」と言われると

「しょうがない」と思ってしまいますよね。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

 

でも一歩日本を出ると、

また全然違った常識があり、

みんなそれぞれの基準で生きています。

 

そのしょうがないと納得する理由が

仕事や家族であれ、お金であれ、なんであれ、

 

それを自分が使う時、納得する時に、

それを受け入れている自分に気づいていたいですね。

 

そして、「本当にしょうがない?」と

自分に問いかけたいですね。

 

 

それを使う時、

人を納得させるための言い訳なだけなのか、

本当に本気で自分がそれをしょうがないと

受け入れているのかを自分に聞き、

 

後者であるなら、

「本当にしょうがない?」ともう一度自分に問いかけ、

 

「しょうがなくなくない?!」

「違う選択肢もあるのでは?」

「違う価値観を選んでもいいのでは?」と考え、

 

「本当はどうしたいの?」と自分に聞いて

自分で選択していきたいですね。

 

 

自分が、これが理由ならしょうがないと

何かを諦める時、

 

何よりもそれが第一で、

何よりもそれが大事だ、と思っているということです。

 

例えばそれが仕事かもしれませんし、

家族かもしれませんし、

お金かもしれません。

 

恋人や、

人の目、世間体、肩書きかもしれませんし、

 

ある人にとっては自由や真実かもしれません。

 

 

私の知人に、どんな場面でも嘘は言わない、

社交辞令もお世辞も、お愛想も言わない人がいますが、

 

その人にとっては、

仕事や友達や、当たり障りのない人間関係より、

本当のことが何より優先なのでしょう。

 

 

これは何を一番にするのが正しいのかの答えを

世間やみんなに聞くのではなく、

 

みんなが納得する答えを使うのではなく、

 

自分は何を大事にしたいか、

何を大事にしていきたいかを

自分で決めることが大事だと思います。

 

 

例えば、私は自由でいたい、

自分のままを生きたい、と思うので、

 

もし何かを諦めることがあるとすれば、

それは自由のためや、

自分らしさを手放さないでいるためです。

 

例えば、自由でいたいから、

自分らしくいたいから、

安定した収入はなくてもしょうがない、などですね。

 

人がそれで納得するかどうかは関係なく、

社会の常識も関係ありません。

 

もし本当にしたいことをして生きるということを

何より大事にしたいなら、

 

本当にしたいことがあった時に、

仕事だからしょうがない、と

仕事を優先するのではなく、

 

その大事にしたいことを優先することです。

 

 

そうして日常の中で

自分が人生で大事にしたいことを

自分で守り、優先して生きることで、

 

本当にそんな人生になっていきます。

 

自分らしく生きたい、と言いながら、

でも仕事だからしょうがない、と、

仕事を優先していると、

 

思いと言葉と行動が一致しないので、

人生はちぐはぐになり、

 

その中でも、行動した方向に進むでしょう。

 

何故なら行動に一番手放せない

根底にある価値観が現れているからです。

 

 

自然を大事にしたいと言いながら、

地球に優しい洗剤や食べ物は値段が高いから、と、

そうではないものを使っているなら、

 

それは地球よりお金を大事にしているということですね。

 

人の行動(特にお金の使い方)は

本音が現れるものですから。

 

 

これは何が正しいということではなく、

 

自分はどんな人生を生きたいのか?を考え、

それを大事にして生きる

振り返りのきっかけとなると思います。

 

ぜひ一度じっくりと自分に聞いてみるといいですね。

 

 

あなたは何が理由なら、

しょうがないと大好きなものを諦めますか?

 

本当に大事にしたいものなら、

どんな理由であれ、

みんなが納得しなくても、

本当に大事にしたいものを選んでみましょう。

 

そんな一つ一つの選択が、

自分の世界を創りますから。

 

あなたの毎日が、

自分が本当に大事にしたいものを大事に生きる日々で

ありますように(^^)

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

二つ目のサブブログも毎日更新中です♪

→「人生で一度くらい

ここでは書ききれない北海道や京都のお話や

暮らしのことなどを楽しく綴っています。

覗いてみてくださいね(^^)

 

YouTubeチャンネル

www.youtube.com