前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

自分には価値がないという思い込みを手放す方法

今日は朝から快晴で、太陽の光がたっぷりの一日でした。

こんな日は青空の下で光合成したくなりますね♪笑

 

さて、私のセッションを受けてくださる方の中には

色んなことをお仕事にされている方がいらっしゃいます。

 

会社員をされている方や子育て中の方はもちろん、

 

アクセサリーを作ったり、絵を描いたり、

デザインをされたり、小説や絵本を書いたりなど、

創作やアーティスト系の方や、

 

ヨガや薬膳、マッサージなど

健康に関することをされていらっしゃる方、

 

まだ何をしたいか具体的には見えていないけれど

自分で何か仕事をしていきたいと

考えていらっしゃる方も多いです。

 

10年前に比べると、個人で仕事をしたいと考える方は

とても増えているようです。

 

(ちなみに私は今の仕事を始めたのは7年前ですが、

元々個人でピアノを教えたり演奏活動をしていましたので、

会社員だったのは2年くらいで、

実は個人での仕事歴は長いです。)

 

 

でも実際にやってみようとすると、

 

お金を受け取ることに抵抗があったり、

自分にはそんな才能はないと思ったりして、

 

なかなか仕事として形にできなかったり、

前に進めない、という方も多いです。

 

これは色んな原因がありますし、

個人の経験や環境が影響していることが大きいですが、

 

日本人に特に多いように思います。

 

 

日本人は子供の頃から褒められ慣れておらず、

 

親は人前で自分の子供を褒めずに

「この子はおとなしくて要領が悪くて・・・」

「この子は女の子(男の子)なのに〇〇で」など、

謙遜のつもりでけなして言ったりすることが多いので、

 

どうしても自己肯定感が低く、

自分に自信が持てなかったり、

自分には価値がない、自分のままではダメだと

無自覚で思い込んでいることが多いです。

 

 

そうして育つと、

どんなに素晴らしい才能があっても、

どんなにみんなから愛されていても、

どんなに魅力が溢れていても、

 

基本的な価値観として

自分なんて、という意識が根底にあり、

 

周りの人がどんなに高く評価してくれていても

それを受け取ることができません。

 

 

誰かが心から褒めてくれたり、

自分がしたことや仕事などで喜んでくれても、

 

お世辞を言ってくれているのだろう、

大袈裟に言ってくれているのだろう、と

3割引、5割引くらいで聞いたり、

 

中には全く受け取らず、

「ありがとうございます」と言いながら

右から左へザルのように完全スルーの人もいます。

(昔の私です。笑)

 

そして「私には価値がない」「私なんてダメだ」

「おだてられて調子に乗ってはダメだ」と思っています。

 

本当にもったいないですね。

 

 

これは子供の頃から、

自分がただ存在することで喜ばれるなど、

自分の価値を受け取り慣れていないからで、

 

大人になってからや、個人で仕事をしようと考えた時に、

いきなり受け取ろうとしても

受け取ることにOKが出せなかったり、

受け取り方がわからなくなっているのです。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

 

でも自分が自分の価値を認め、

人から喜ばれ評価を受け取ることにOKをしないと、

 

愛されることもお金を受け取ることもできません。

 

どんなにコツコツ頑張っても、

難しい資格をいくつもとっても、

したいことをするためのテクニックを学んでも、

異性から愛されるよう努力をしても、

 

潜在意識で受け取ることを拒否していますから

受け取ることができないでしょう。

 

 

どの国にも、その国らしい文化や価値観があり、

独特の傾向があるものですが、

 

日本人はこれから特に

その部分を受け入れられるようになっていくと、

もっと輝く人が増えるのではと思います。

 

 

それを受け取れるようになる方法ですが、

 

お客様や家族、周りの人などが、

自分の価値を感じ、喜んでくれても

それを素直に受け取り、自分には価値があるのだと思えない、

という方は、

 

これから先、もし誰かが褒めてくれたり、

喜んでくれたり、

あなたを高く評価してくれることがあったら、

 

その時にはその感謝や褒め言葉を

心を開いて素直に「ありがとう」と喜んで受け取ってみましょう。

 

それはただ口先で「ありがとう」というのではなく、

(もちろん「私なんて」と謙遜するのでもなく。)

 

「こんなに喜んでくれて本当に嬉しいなぁ!

私がしたことやいることで、

こんなに喜ばれるのだなぁ。」とじんわりじっくり味わい、

その喜びを感じましょう。

 

 

行動として、謙遜をしないで

「ありがとう」と言うということも一つですが、

 

更に効果的なのは、

喜ばれた嬉しさをじんわり味わい感じることです。

 

そうすることでより深く受け取ることができます。

 

最初はうまく喜べない、感じられないかもしれませんが、

「喜んでいいんだよ」と自分に声をかけ、

 

「私がいることで喜んでくれる人がここにいた」と

気づきましょう。

 

人が言ってくれた喜びや感謝の言葉を、

ノートなどに書くのもいいですね。

 

 

そうして自分がどれだけ

人から喜ばれ、感謝されているかに気づきましょう

 

お世辞や社交辞令かもしれなくても構いません。

 

それでもそう言ってくれたのなら

自分がいたことで感謝してくれたり、

よかったと言ってくれる人がいるのだ、と、

 

しっかり受け止め、ありがたく喜びましょう。

 

 

いつもそうしていると、

まず自分がこんなに人から喜ばれているのだ、と

気づくことができますし、

 

段々と受け取ることができるようになり、

慣れてくると受け取り上手になってきます。

 

すると、もっと喜ばれることが増えますし、

愛されることやお金をいただくこともできるようになります。

 

 

それはほんのちょっとしたありがとうかもしれませんし、

(ドアを開けて待ってあげた時など。)

誰からも言われない日が続くこともありますが、

 

そんなことは気にしないで、

 

誰かから届いた感謝や喜びに自覚的になり、

素直に喜んでいきましょう。

 

 

そしてもう一つ、

まずは自分で自分を褒めてあげましょう。

 

自分を褒める部分がわからないなら、

「私、よくやっているね!えらいね〜」と

自分に言ってあげるといいですよ。

 

何もすごいことをしていなくても、

誰も感謝してくれなくても、

何も特に頑張っていなくても、

 

でも今日も仕事に行ったとか、

ご飯を作ったとか、

 

それもできなくても、

朝起きたとか、

ゴミをゴミ箱に捨てたなど、なんでもいいのです。

 

できたことのハードルをうんと低くして、

自分を褒めてあげましょう。

 

 

誰かから感謝や評価をされないとないのではなく、

 

人からの言葉があってもなくても、

本当はもう自分には価値があるのですから。

 

存在していることが素晴らしいのですから。

 

 

明日はそんな受け取ることを楽しんでみましょう。

きっと思う以上に

自分の価値に気づくことができますよ(^ ^)

 

p.s.

でもやっぱり自分の価値を感じられない、

自分はダメだ、と思ってしまうという方は、

個人セッションで潜在意識にある思い込みを見つけ、

手放すお手伝いをしていますので、

ご活用ください(^^)

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

二つ目のサブブログも毎日更新中です♪

→「人生で一度くらい

ここでは書ききれない北海道や京都のお話や

暮らしのことなどを楽しく綴っています。

覗いてみてくださいね(^^)