前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

自分は素晴らしいと気づくには〜自己肯定感が低い人

今日は自己肯定感が低い方や、

自分が素晴らしい存在だと思えない、思ってない方に

ぜひ読んでいただいきたいなと思います。

 

先日書いたこちらの記事を読んでくださった方から、↓

無自覚の傷に気づいて癒すには - 前向き気づき日記

 

「自分にもまだこんなに我慢していたことや悲しかったこと、

怖いこと、怒りなどがあったのだと気づき涙が出ました」と

たくさんメッセージをいただきました。

 

「これまでにたくさん

自分で我慢してきたことや怖いことなど手放してきたのに、


でも、我慢を我慢と思ってない自分がいることに

(本当は平気ではないのに。)
全く気づいていなかった、ということに気づきました。」

というたくさんのメッセージを読み、

 

みんな同じなのだ、と思い、

きっと私たちはみんなそんな傷や我慢、辛かったことなど

「もうしっかり向き合った」と思っても

まだまだあるのだろうと思いました。

 

今はもうないと思っていてもまだあるのだろうと認め、

勝手に「もう卒業」と思い込まずに、

でも焦ったり早く全部をどうにかしようと思わずに、

出てきたら、出会ったら、気づいたら、きっかけがあったら、

 

生きている間ずっと、

その都度手放していけるといいですよね。

 

その度に私たちは自由になり、

軽やかになっていけるのですから。

 

 

そんなことを思ったのですが、

その流れでもう一つ大事なことを書いておきたいなと思い、

今日はそのお話をしたいと思います。

 

 

質問ですが、

あなたは自分が素晴らしい存在だと思っていますか?

 

人に優しくしたり、親切だったり、

仕事ができたり、役に立ったり、

お金を稼いだり、家事をしたり、

美しかったり、かっこよかったり、

才能があったり、

能力や資格、知識があったりなど、

 

そんなことは関係なく、

 

何もない、価値を認めてもらうために何もしない自分でも

自分は素晴らしい存在だと思っていますか?

 

私はそうは思っていなかったのです。

 

 

素晴らしい存在というのは、

 

人の役に立ったり、

お金を稼いだり家事をしたりして生活を支えたり、

人にはない特別な才能を持っていたり、

マザーテレサのように自分や家族を攻撃する敵でさえも愛したり、

血のにじむ努力をした人だったり、

存在するだけでみんながうっとりするくらい美しかったりなど、

 

何か特別なものを持っていたり、できたりする人が

素晴らしい人だと思っていました。

 

だから自分は違うと思っていましたし、

 

だから自分はいい人であるよう努力しなくては、

もっと何かできるように身につけよう、

役に立てる人になろう、

価値のある人になろうと思っていました。

 

 

ある時そのことに気づき、

ふと、

 

私は素晴らしい存在ではないなら、

私はどんな存在?

 

と自分に聞いてみると、

 

そこそこ、まあまあ、中ぐらい、ほどほど、

と思っていることに気づきました。

 

ものすごくいい人ではないけれど、

ものすごく悪い人でもない(はず)、

 

全く何もできないわけではないけれど、

すごいことができるわけでもない、という感じで、

 

だから私は「そこそこ、まあまあな人」だと

自分で持っていることに気づきました。

 

 

それは例えば、学校の成績でいうと、

5段階評価の2や3くらいの感覚だなぁと思いました。

 

4とは思えなくて、

普通か普通よりちょっと下くらい?と

なんとなく思っていました。

 

みなさまは自分の素晴らしさを自分の感覚で言うなら

どのくらいだと思いますか?

(今正直に自分で数値化してみてくださいね。)

 

 

そんなことを考えた時、

この感覚はいつからこう思っていたのだろう、

どこでこの評価をするようになったのだろうと思い、

考えてみますと、

 

子供の頃にはもうそうだったなと気づきました。

 

 

私は3歳の時に

私立の幼稚園を受験したのですが、

何も準備せず受けたのに、

試験会場で泣いて迷惑をかけたのに、

 

その時のテストの結果がなぜかとてもよかったらしく、

ぜひ入園してくださいと言われ、

先が楽しみだととても期待をされました。

 

 

小学校の高学年になると、学年や学期により、

オール5の時もあれば、全部3の時もあり、

かなり差があったので、

その度に親は喜んで私に期待したり、

すごく怒ったりし、

 

下がると怒られると無自覚で学んだのか、

そこそこが無難だとなんとなく思ったようです。

 

幼稚園に入る時にIQが高いと言われたことで

親は私にすごく期待をしていたので、

(それが発揮されたことは今まで特にありませんが。笑)

 

その期待通りではないといつも怒り、ガッカリするので、

それが嫌だったのです。

 

 

そして中学に入った時に、

苦手な教科の点数が悪かった時に、

「お前にはがっかりだな」と

吐き捨てるように言われたことがあり、

 

その時に大きなショックや心の痛みと同時に、

どこかで少しホッとした自分がいて、

 

もうこれで高い期待をされがっかりされるという繰り返しが

なくなればいい、

私に期待にないで、あきらめて、と思いました。

 

ピアノでも同じで、上手に弾けたら褒められ、

親の自慢のネタにされ、

失敗したらひどく怒られ不機嫌になられ、

それが辛かったのです。

  

そんな経験から、

私は自分は「そこそこ、まあまあ」の人間で、

5段階評価の2か3くらいが無難で、

 

ずっとそうであると人から期待されない、

だからがっかりされない、安全だと

思っていたことに気づきました。

  

f:id:yuko-k-ami:20210726183530j:image

(イギリス 湖水地方 グラスミア湖にて。)

 

そんなことに気づき、

 

ああ、なるほど、

だから私は素晴らしい人というのは、

 

結果を出す人、期待に応える人、

才能がある人、努力する人、

人を喜ばせることができる人・・・

という価値観があったのだなとわかりました。

 

でもきっと私が欲しかったのは

成績がいいから、期待に応えたから、結果を出せたから

すごいと褒められ可愛がられることではなく、

 

どんな自分でもいいよと言って欲しくて、

「あなただから」と言って欲しかったのだと気づきました。

 

 

そのことに気づき、

でも長年思い込んできた「自分はそこそこだ」という価値観は

根深いものがあったので、

 

では本当の意味で「素晴らしい人」ってどんな人だろう、

と考えました。

 

やはり根底には、人の役に立つ人だとか、

才能や能力がある人だと思ったのですが、

 

ふと、今までの友人たちのことを思い出しました。

 

 

ある友人は難なく東大に入ったのですが、

普通に考えるとすごいことですが、

本人曰く

「文一と文三(学部の話です・法学部と文学部)は違う、

自分なんて全然レベルが低い」と、

謙遜ではなく本気で恥じているような感じがありました。

 

また別の友人は、

高校に入るもの卒業するのもやっとという感じで、

大人になってからも余裕のない暮らしのようでしたが、

「さすが私!」というのが口癖で、

「なんでもどんとこい!」といつも言っていました。

 

その二人を思い出し、

もちろん学歴で人が素晴らしいかどうかが

決まるわけではないですが、

一つの自己評価の例として、

 

世間的に周りの評価がどうであっても、

自分の評価は結局みんな

自分が自由に決めているのだと気づき、

 

自分が素晴らしいと思うかどうかは、

自分ができることや能力、才能、優しさなど

関係ないのだとわかりました。

 

 

その二つのことに気づき、

(自分が自分をそこそこだと評価していることと、

自分が素晴らしいと思うかどうかは自分の自由ということ。)

 

もう私は期待に応えられず人をがっかりさせることを恐れ、

「まあまあ、そこそこ」だと予防線を貼らなくてもいいのだ、

 

そして自分が素晴らしいとか、ダメだとか、

自分がどんな人間かを決めるのは自分で、

 

それは能力や結果、役に立てるかどうか、

どんな人間かはなんでもいいのだ、と

ストンと腑に落ちました。

 

 

するとふわ〜と自分が広がるような感覚になり、

自分の魂からエネルギーが湧き出すように感じました。

 

人は自分で自分の魂の輝き、エネルギーを

こうして押し込めていたりするのだなと実感しました。

 

 

今私はとても気楽に、

何の肩書きもなく、

周りの人の期待に応えることもなく、

別に特別な才能もないけれど、

 

でも「私は素晴らしい!」となんだか普通にそう感じています。笑

 

それは「素晴らしいのだー!」というような

ハイテンションのものではなく、

 

「私、いいね!」くらいの感じですが、

 

別の言い方をすると

自分が好き、自分のままの自分がいいね、

という感じだと思います。

 

 

何ができても、何もできなくても、

笑っても泣いても、

一人でも家族や友達がいても、

なんでも、「それがいいね」という感じです。

 

そう思って生きるのは幸せです。

 

 

もし今まだ自分は素晴らしいと思えない人がいるなら、

自分は素晴らしいのだと

気づけるといいですね。

 

人はみんなそのままで素晴らしいのですから。

 

素晴らしい自分になるためには、

何もがんばらなくていいですし、

何か特別な才能や仕事ができなくてもいいですし、

何の役に立てなくてもよく、

 

すごくいい人、できた人、優しい人でなくてもいいのです。

 

みんな自分のままで素晴らしい。

 

そのことにただ気づけるといいなと思います。

 

私の昔の友人のように

「さすが私!」と言って生きていきたいですね(^^)

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

二つ目の新ブログを始めました♪

→「人生で一度くらい

 7/10から始めました♪

ここでは書ききれない色んなお話を楽しく綴っています。

覗いてみてくださいね(^^)