前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

すぐに閉じてしまう心を開いているには

今日も暖かな春のような一日でしたね!

 

なんと今日は最高気温が20度と、

ゴールデンウィークの頃のような陽気で、

 

昼間に今日も鴨川の少し上流の方に行き、

川沿いで一人ピクニックをしましたが、

上着もいらず、

 

あまりにも気持ちがよかったので、

寝転んで鞄を枕にお昼寝しましたが、

(熟睡しました!笑)

 

すっかり日焼けしました。汗

 

暑くて目が覚めたのですが、

まさか2月に日焼けするとは思いませんでした。笑

 

 

寝転んで空を眺めていると、

 

ピーヒョロヒョロとトビの声が聞こえたり、

真っ青な空に飛行機雲の白い線が描かれたり、

 

最初はふわふわとたくさんの羊雲が見えたのに、

寝て起きると雲がきれいになくなっていたりと、

 

絶えず変化しながら、でもどの瞬間も美しく、

そんな世界にいることが

本当に幸せだなぁと感じました。

 

 

そうしてそのまま心を開いて意識を広げ、

雲や川と自分の意識の境目をなくし、

つながってみると、

メッセージが届いたりします。

 

自然からのメッセージはいつも本当に優しくて、

子供のようであり、悟った仙人のようであり、

シンプルだけれど心に響きます。

 

都会の中でもこうして

電線のない、人がいない広々とした場所にいると、

 

自然と心が開き、

世界とつながることができますね。

 

どこに住んでも、どんなに忙しい時も、

こんな時間を失くさないでいたいですし、

この感覚を忘れないで大事にしたいなと思います。

 

 

今、心を開くと書きましたが、

セミナーなどで心を開くというお話をすると、

 

時々今開いているなと思っても

気づくと閉じてしまっている、

とお聞きすることがよくあります。

 

これは誰にでもあることだと思います。

もちろん私にもあります。

 

人はこれまでずっと自分を守るために、

油断せず、簡単に信じて心を許したりしないことで

生命を守り、より安全に生き延びてきたのですから、

それは大切な能力の一つでした。

 

それをいきなり止めようとしても、

そう簡単に変わるものでもありません。

 

 

でも気長に心を開こうといつも意識していると、

少しずつですが

閉じていることに早く気づくようになり、

 

「あ、今私は閉じているな」と気づけると、

意識的に開こうとでき、

 

そんな繰り返しにより

心を開いている時間が長くなり、

 

これまでは閉じている時間の方が長かったのが、

段々と開いている時間のほうが

長くなっていきます。

 

 

「さあ今日から完全にずっと全開だ!」とは

ならないものです。

 

最初は開いたりたり閉じたりするもので、

 

ただ、閉じていることに

気づけるようになることが大切で、

 

閉じているなと思ったら

意識的に開くことを気長に繰り返していくと、

 

閉じていることに違和感を感じるようになり、

開いていられるようになってくるでしょう。

 

f:id:yuko-k-ami:20210214220112j:image

 (イギリス 湖水地方 アンブルサイドにて。)

 

 

これは書くと簡単ですが、

やるのはけっこう難しかったりします。

 

例えば、行列に割り込む人がいた時に、

自分はずっと立って並んでいるのに、

横入りされたらイラっとしたりするのが人間ですよね。

 

そんな時、人は無自覚ですが簡単に心を閉じます。

 

ずるい、許せないなどという思いで

頭も心のいっぱいになり、

イライラモヤモヤしたり、

 

時には視線を送り軽く睨んだり、

聞こえるように嫌味を言ったり、

ドアを大きな音を立てて閉めるなど、

相手に分からせようとしたりするかもしれません。

 

 

こんなことは日常にいくらでもあって、

 

他にも例えば今なら、マスクをしていない人、

電車などで大声で話す人に

イライラするかもしれませんし、

 

決められたマナーを守らない人、

マウントと取ろうとする人、

自慢が多い人など、

 

日常の中には色んな

心を閉じるきっかけはあります。

 

 

でもそこで、だからしょうがない、

私が心を閉じたくなるのはあの人のせいだ!と

人のせいにしていると、

 

いつまで経っても

心を開いていられるようになりません。

 

何故なら、自分の心は自分のもので、

だれかが勝手にどうにもできないからです。

 

何がきっかけであろうと、

どんな正当な理由があろうと、

 

自分の心を開いているか、閉じるかは、

自分の選択なのです。

 

 

そのことを理解し、

 

もしイラっとすることがあったとして、

その時に反射的に閉じたとしても、

 

「あ、ここで閉じたままでいると

開いていられるようにはなれないな。

 

良い悪いや、正しさ、常識などに縛られず、

今は心を開いて行こう。」と

自分で選ぶようにしていくと、

 

段々と開いている時間が長くなります。

 

 

心を開いていると何がいいかと言いますと、

これはもうたくさんあるのですが、

 

何と言っても

心を開いていると自分の波動が上がり、

 

波動が上がると人や世界と調和し、

問題やトラブルがなくなり、

色んなことがスムーズに流れ、

シンクロが増え、

夢がすんなりと叶ったりします。

 

 

そうなりたい!と思って心を開いていようとしても、

 

人はいきなりずっと開いているのは難しいものです。

それはみんな同じです。

 

それがなかなかできなくて、

すぐに閉じてしまって、

「ああ、やっぱり私にはできない」

と思ってしまう人も多いようですが、

 

いきなり100%できないのは普通のことです。

 

 

例えば今、自分が一日のうちで、

1%くらいしか

心を開いている時間がなかったとしても、

 

それを今週は2%にできれば大きな成長で、

1%しか開いていない世界と、

2%開いている世界は違います。

 

2%開いている自分と、

3%開いている自分が見える世界、

生きる世界は違います。

 

 

ですから100%できないからと諦めず、

今より1%アップできるように意識していけば

充分その影響はあり、

 

1%分心地よく世界と調和し、

流れに乗って生きられるようになりますから、

 

焦らずに気長に心掛けていきたいですね。

 

 

明日もし何かモヤモヤしたり、

イラっとすることがあったら、

 

「あ、お題が来たな!

ここでいつもならイライラして心を閉じるけれど、

今日は心を開いていることに挑戦しよう!」と思い、

 

その相手や出来事を

良い悪いや正しさ、常識などで判断しないで、

 

どんな風に捉えることができるかしら?と、

一つではなく、

色んな見方を考えて楽しんでみてくださいね。

 

これは長年試してきた私なりのコツで、

できるだけたくさんの

物の捉え方、見方をしようとすることで、

 

「そうか、色々あるのだな」と分かり、

答えはわからなくても

「色々あるよね」と受け入れやすくなります。

 

 

心を開いていなくては、とか、

相手を受け入れ許すべき、と思わないで、

 

想像力を働かせて遊ぶことで、

自然と心を開いていられるでしょう。

 

明日はそんな遊びを楽しむ日にしてみましょう♪

私も楽しみたいと思います(^^)

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 *ただいまセッションはオンラインのみ受付中です。

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記