前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

最後に後悔しない本当の自分で生きる

私の友人に、趣味でやっていたピアノで

サロンコンサートを開いていた方がいました。

 

彼女は難しい曲は弾けませんでしたが、

独特のかわいらしい衣装とそれに合わせた選曲で、

固定のファンがいて、

 

自分で企画して開くコンサートを

いつもとても楽しんでいました。

 

そんな彼女が数年前、コンサートの翌日に倒れ、

そのまま3日後に亡くなりました。

 

SNSでコンサートの写真を見て、

素敵だな、彼女らしく輝いているなぁと

思っていたところだったので、

本当に驚きました。

 

 

彼女はずっとピアノ畑で来た人ではなく、

趣味で弾き続けるうちに演奏活動をするようになり、

 

独特の衣装や選曲で

他にはない彼女の世界を表現していました。

 

最近はどの世界でもそうですが、

基礎からたたき上げてきた人ではない、

趣味で始めた人が、大人になり好きで続け、

 

自由に独自の世界を楽しみながら

少しずつ人に伝えるうちにファンがつく

という形が増えていますね。

 

基礎から積み重ね磨き抜かれたものは、

そうでないものには真似できない美しさや表現があり、

それはやはり素晴らしく、貴い価値を感じますが、

 

彼女のような自分が楽しむことを人と共有するスタイルも

素敵だなと思います。

 

どちらが、ではなく、

どちらもそれぞれの価値がありますね。

 

 

彼女はまだまだやりたいこともあったかもしれませんが、

いつも笑顔で自分らしさを見失うことなく

キラキラ輝いていたので、

 

きっとその人生に誇りを持って

この世界を離れたのではと思います。

 

誤魔化したり諦めたり先延ばしにしたりせず、

彼女の生命を真っ直ぐに生きた姿が今も眩しいです。

 

私もそんな風に生きたいといつも思っています。

 

いつ生命が終わっても、

もっと自分を生きればよかったと思わなくていいように、

今日、今、自分のままで生きたいですね。

 

f:id:yuko-k-ami:20201226010330j:image

 

自分のままで生きるというと、

なんだかカッコよく聞こえたり、

 

颯爽としてみんなから憧れられるような

イメージもありますが、

 

実際には個性を出すほど、

好きになってくれる人も増えれば

反対の人も出てくるものです。

 

反対の人からの風当たりが辛くて

諦めたり、自分を手放す人や、

風当たりを感じそうだと思ってやらない人も多いですが、

 

でもそれにねじ曲げられることなく、

みんなから評価されるかどうかに振り回されず、

どんなに叩かれても、

嫌味やひがみ、嫉妬などにも歪められず、

 

自分らしく生き抜く人は

その輝きがずっと色褪せないのだと思います。

 

彼女もそんな人だったように思います。

 

 

自分らしくいると、

どうしたって常識や普通の枠に

はまらない部分が出てきます。

 

いい歳をして恥ずかしいと言われたり、

いい加減落ち着けと言われたり、

そのくらいのレベルなら誰でもできると言われたり、

自分勝手と言われたり、

非常識だと言われたり…。

 

「私ならそんな恥ずかしいこと、自分勝手なことなんて

とてもできないわ」と、

 

常識や普通という枠からはみ出した人に、

枠の中から言う人は多いです。

 

 

私もたくさん言われてきましたが、

そんな私を見た仲のいい友達から

「あなたは強いね」とよく言われました。

 

周りからの批判に負けて

常識の枠に戻ろうとしないから強い、

と言うのですが、

 

私は強いから自分らしくいられるのではなく、

自分らしく生きることしかできないだけで、

 

実は特に強いわけでもなくヘナチョコです。笑

 

精神的に強いから自分らしく生きられ、

弱いからできないというより、

 

こう生きたい、こうしか生きられない、

だから…なのです。

 

 

周りから色々言われると、どんなに強くても

誰だって傷つきます。

 

てもやっぱり自分はこういう風にしか生きられない

と腹をくくると

もういいや、とどこかで吹っ切れたりします。

 

それで傷つかなくなるわけではなく、

人間ですからやはり傷つくのですが、

 

みんなが批判しても、

私の心の真ん中がこうだと言っている、と、

それに従うことを迷わず選択するようになります。

 

きっと多くの自分を生きる人は

みんなそうではないかなと思います。

 

「あの人は強いから」ではなく、

「そうしか生きられないと気づいて腹を括ったから」

「そう生きることを選択しているから」でしょう。

 

だから自分を生きる人は素敵で、

輝くのだろうと思います。

 

 

生命の炎はいつ消えるか誰もみんな知りません。

 

友人の彼女のことをみんなが

「いつも笑顔で輝いていた」と言うのを聞き、

私は何と言われたらうれしいかしら?と考えました。

 

立派だとか、よく出来た人とか、すごいとか

言われなくていいので、

(言われないでしょうが。笑)

 

私も、いつも笑顔だったなとか、

人生を自分らしく楽しんでいたなと言われたら

うれしいなと思います。

 

これは自分の理想の生き方を表していますね。

 

 

みなさまは何と言われたいでしょう?!

 

明日この人生が終わっても後悔のないように、

いつも本当の言葉を話し、

本当の自分のままでいたいなと思います。

 

今日を生きられる幸運を大切に、

笑顔で過ごしたいですね。

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記