前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

意識の境界線を広げて生きる~HSP(繊細な人)を生かす

昨夜からの雨風も止み、

今夜はあたたかい静かな夜となりました。

 

私の住む和歌山市には、八代将軍吉宗を生んだ

紀州徳川家の居城和歌山城が街の真ん中にありますが、

 

夜の始まりに通りがかった和歌山城の上には

きれいな細い月が見え、

 

もう見慣れたお城がとても幻想的で美しかったです。

 

当時の人たちもお城と月を見上げていたのかも

しれないなと思うと、

数百年前の人や時とつながったように感じ、

 

時の隔たりはこんなにも簡単に越えるものなのだなぁと思い、

 

何かを隔てるものは

人の意識の中にあるだけなのだなと感じました。

 

 

今はどんどん色んな隔たりが

薄くなっているのを感じます。

 

個体としての人というものや、時や距離など、

思い込みに囚われず、

 

自分の意識を広げながら自由に混ざり合うことを

楽しんでいきたいなと思います。

 

 

そんな風に意識を広げていくと、

これまでは肉体や時間などの境界線、隔たりがあったものと、

 

今はその概念をゆるめるだけで

つながることも難しくない時代になってきました。

 

特に今年はコロナちゃんの影響で

リモートワークが増えたり、プライベートでも

オンラインでつながることが広がったおかげで、

 

距離や空間の概念が随分ゆるくなったようです。

 

また30年前には海外から連絡を取るのに

手紙を出して1週間かかっていたものが、

今はメールで瞬時に届く時代です。

 

私が高校生の頃、

海外の出版社の楽譜を取り寄せようとすると、

船便で3ヶ月かかっていたものが、

今ではダウンロードできたりしますから、

この差はすごいですよね。

 

 

これはただ便利になっただけではなく、

テクノロジーの進化という話だけではなく、

 

概念を変えながら

すごいスピードで進化していく世界にいることで、

 

私たちの思い込みや意識の境界線、限界も

どんどん枠がなくなったり広がったりしていて、

 

その影響で、画期的な発明がなくても、

日常の中のちょっとした感覚でも

意識が広がり、つながったり越えたり

しやすくなっているように感じます。

 

おもしろい時代にいるなぁと思います。

 

この流れに気づき、楽しんでいきたいですね。

 

 

私たちは個体としての境界線は未だにあり、

肉体が空気や隣に座っている人と

混ざり合うことはありませんが、

 

意識としてはもうかなりその境界線は

ゆるんでいるように感じます。

 

そんな人が増えたから、

HSP(とても繊細な人)が増えているのではと思います。

 

今までよりも周りの人や環境、場所などに

自然と意識が広がっているおかげで、

 

自分と、相手や場所などとの境界線がゆるみ、

感じ取り過ぎて疲れてしまったりするのかもしれませんね。

 

これも今の時代ならではではないかと思います。

 

 

これからますますそれは加速していくでしょう。

 

繊細に感じ取ることで、

影響を受け過ぎて疲れる人もいらっしゃると思いますが、

 

別の見方をすればそれは

これからの時代に沿った能力、必要な能力だと思います。

 

肉体的な境界線、枠の強さ、影響されなさの勝負ではなく、

 

意識を広げ、境界線をゆるめ、

繊細に感じ取ることで、

 

目に見えないことやまだ具現化していないことを

事前に察知したり、

それを上手に生かしたりすることが、

 

これからの時代の生き方になっていくのではないかと思います。

 

f:id:yuko-k-ami:20201120223656j:image

 (山梨県 清里にて。

電線や建物がなく、人もいない大きな空の下にいるのが大好きです♪

そんな私もHSPです(^^) )

 

 

そんな境界線をゆるめ、

枠の思い込みを手放していることは、

 

一般的に人が多いところでは難しかったり、

疲れ過ぎたりするものだと思います。

 

人は、パーソナルスペースの中に人が入ってくると

自然とそれが縮まり、

影響を受け過ぎないように閉じるものです。

 

例えば、天井が高く人がいない広々とした部屋にいる時と、

天井が低く、物たくさんある

狭い部屋にいる時でも変わりますし、

 

人がいない、

建物も電線や信号、看板などもない自然の中にいる時は、

自分の境界線を縮める必要がないので

どこまでも自由に広がります。

 

肉体の外側の自分のエネルギーフィールドの広がり方は、

意識の広がりとリンクしていて、

 

それが広がるほど境界線がゆるみ、

人の意識とつながったり、

時や空間などの枠も超えやすくなるものだと思います。

 

(ですから繊細な人は自然の中にいくと

特にリラックスできるものです。)

 

 

こうした意識やエネルギーフィールドが広がっていくことは

とても心地よいものですが、

 

人がたくさんいるところや、波動が低い場所などでは

影響を受け過ぎて疲れますから、

 

自分にあった環境を選ぶなど、

無理のない暮らしにしていくといいと思います。

 

そしてそのことを理解し、

自分なりの感覚を理解し、

 

意識的に広がる時と、

影響を受け過ぎたくない時に輪郭を持つ意識を

うまく使いこなしていけるといいですね。

 

 

きっと普段は無自覚で

広がっていたり、閉じていたりするものだと思いますが、

 

これからの時代は特にその感覚に意識を向け、

自由に使っていけるように

慣れていけるといいように思います。

 

 

意識が広がって境界線がゆるみ、

人や物、時間、空間、高次元の存在や、

世界、宇宙などと共にある時、

 

今までの自分には分からなかったことが分かったり、

あるがままの自分がどんなに光に満ちているかを感じたり、

自由さ、不確実さを楽しめたり、

無限の可能性を感じたりするものです。

 

また例えば、前世のエネルギーとつながり、

気づかないまま握りしめ続けてきた

もういらない悲しみや辛かったことのエネルギーを

解放したりもできます。

 

そんなことが自分でできることが普通になる世界も

少しずつ近づいていると思います。

 

その流れが繊細な人が増えたことや、

テクノロジーの発達、コロナちゃんなど、

色んなところにつながっていると思います。

 

すべては完璧な流れの中にありますね。

 

それを信頼し、楽しみながら、

自分を生きることを味わっていきましょう。

 

明日もそんな発見を楽しむ一日となりますように。

 

 

p.s.

来週25日と29日に開催の「瞑想セミナー3」の

当日のお話の流れを参加者のみなさまに

メールさせていただきました。

もし届いていないという方がいらっしゃいましたら

受信設定をご確認の上、

下記のメールまでご連絡くださいm(__)m

よろしくお願いいたします。

kitayama.piano@gmail.com

 

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記