前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

世界で起こる出来事に振り回されないで生きるには

今夜はお月見ですね(^^)

 

2日am6:06に満月をむかえますので、

今夜は満ちる直前のエネルギーがあふれています。

 

10月は2回満月をむかえるブルームーンでもあり、

心地よい空気が流れる秋の夜は

月を眺めるのにピッタリです。

 

お月さまを眺めながら

頭を空っぽにして、

 

宇宙の中で生きていることを感じてみるのも

いいですね。

 

お月見は平安時代に中国の唐から伝わったとか、

縄文時代からあったという説もあるようですが、

 

そんな昔から人が眺めていた月を

私たちも今夜ゆったりと眺めたいですね。

 

 

さて、そんな10月になり、

GO TOキャンペーンに東京も追加され、

色んなことが少しずつ動いていますね。

 

今年はコロナちゃんもそうですし、

人気俳優さんや女優さんが突然この世を去ったりと、

 

多くの人に衝撃を与える出来事が多いようです。

 

そうした今年の様々な出来事は、

私たちに、今の自分の本当の姿に気づかせてくれます。

 

 

変わらない毎日の時はいいですが、

 

自分を生きているようで、

何か大きな出来事があると

簡単にそこから離れてしまい、

不安や恐れ、心配に支配される時、

 

その不安や恐れの奥に、

自分の根に何があるかを見つけることができます。

 

それは普段は気づくことがないもので、

ひっそりと存在していますが、

 

何か問題が起こると表に出てきて

心を乱すものが自分の中にあるのだと

気づくきっかけとなっているように思います。

 

 

実際のところ、日本でコロナちゃんで亡くなった方は

これまで1500人ほどで、

 

癌で亡くなる人は年間37万人(1日1000人以上)、

自殺が年間2万人、

インフルエンザで亡くなる方が年間1万人、

転倒や転落などで亡くなる方も

年間1万人近くいるそうで、

(交通事故などを除く)

 

コロちゃんについてはみんなが色んなケアしているから

ということもあるでしょうが、

 

数字だけで見ればそこまで恐怖を感じるほどでは

ないようです。

 

でも多くの人が不安と恐れから

様々な体験をされたようです。

 

 

例えば、政府の対応や、それに対する企業の対応、

個人の対応など、

 

コロナちゃん自体がどうこうもありますが、

それ以上に様々な立場の人たちの対応について

振り回された人も多かったように思います。

 

政府や企業、お店や個人の行動について、

テレビやネット、新聞などで連日報道されるものを追いかけ、

 

どんどん自分の軸を忘れ、

自分を生きることを忘れ、

 

企業や他人の行動について、良い悪いと判断し、

それに沿わない人にイライラしたり、

迷惑だと感じたり、攻撃したり、

攻撃する人に怒りや恐怖を感じたり、

ストレスを感じた人もいたでしょうし、

 

家族が感染したらどうしよう、

会社が潰れて仕事がなくなったらどうしよう、

ずっとこのままだったらどうしよう、と

先のこと、未来のことを心配する人もいたでしょう。

 

 

私は、コロちゃんを全く気にしなくていいとか、

慎重になりましょうとか、

何も方向づけをするつもりはなく、

 

ただ客観的に見たお話をしているだけで、

実際私も先のことなどわかりませんから、

何も意見することはなく、

 

人は自分の信じたいことを信じるものだと思っていて、

それでいいと思いますが、

 

客観的に眺めていると、

自分で自分が受け入れるものを選択していない人は多く、

 

たくさん与えられたら、不安を煽られたら、

そのままそれを受け入れていたり、

逆に頑なに受け入れなかったりする人が多く、

 

またそうなっていることに気づかない人も多いようだと

思いました。

 

f:id:yuko-k-ami:20201001204604j:image

(大分県久住 阿蘇くじゅう国立公園にて。)

 

 

たくさん与えられたら

そのままそれを無自覚で受け入れる状態は、

 

簡単にコントロールされてしまうので危険だなと

世間を眺めていて今回思いましたし、

 

不安や恐れ、心配をうまく刺激されると

人はこんなに脆く簡単に

自分を手放し、見失うのだとわかりました。

 

 

そして多くの人が、その原因は自分ではなく、

コロちゃんやそれに対応する政府や企業、

他人の対応などにあると信じていて、

 

目に映る世界に振り回されている夢の中で生き、

夢の中にいることに気づきません。

 

 

これはコロちゃんに限らず、

日常の小さな個人の問題でも、会社の問題でも、

有名人の自殺でも同じです。

 

どうして?

何があったの?

何が起こっているの?

あのウワサは本当なの?

どうしてこんなひどいことがあるの?

どうすることもできないの?

分からないことがいっぱいで怖い…

 

そんな風に

人の言動や世界で起こる出来事にいつの間にかのまれ、

 

自分を生きることをいつの間にか手放し、

フラフラと不安の中を漂っている時、

 

私たちは本当の自分、魂の自分から離れてしまっています。

 

そして外側で起こることに心を奪われ、

恐れたり、無力感に苛まれたり、落ち込んだりします。

 

 

でもそれは外側で起こることのせいではありません。

 

自分がそれを受け入れたからで、

無自覚だったけれど持っていた弱い部分を

巧みに刺激され、

 

自分を生きることから離れてしまったからです。

 

 

そのことに気づくかどうかは、

目覚めて生きているかどうかにかかっています。

 

思考やマインドと呼ばれるものや感情は、

本当の自分、魂の自分とイコールではありません。

 

その奥に本当の自分が静かに佇んでいます。

 

 

でも、こんなに不安に感じる気持ちは本物だ、

これは確かに私だ、と思うかもしれません。

 

確かにそれは嘘でも夢でもなく、

本物の感情だと思います。

 

でもそれはエゴが煽って見せているものに

反応しているもので、

 

どんなに生々しくどうにもらならない、

手放せない気持ちであっても、

 

魂の自分とは違うものだと私は思います。

 

 

私もそうして強く支配されて

どうにもならない感情に苦しんだことがありますが、

 

強くしがみつき、どうにもならないと苦しむものほど、

エゴかもしれないと今は思って

自分を見つめるようになりました。

 

そうして瞑想をしていると、魂とつながり、

魂の自分はいつも

静寂と穏やかな安心の中にいることを知ります。

 

すると自分の中で何が起こっているのか、

外側の事象は何を見せているのかの本質が見えてきます。

 

そうして本当の自分に戻ると、

もう振り回されて不安や恐れ、悲しみ、無力感などに

苛まれていた自分はいなくなり、

 

今ここで自分を生きることを取り戻すことができます。

 

 

今年起こっている様々な問題(に見えること)は、

それに気づくためのいい練習ですね。

 

問題(に見えること)をどう捉えるかは

その人の自由な選択ですが、

 

私は目覚めて生きた方が幸せですし、

振り回されないでラクですし、

人生をいつも自分らしく生きられていいなと思います。

 

 

そのためには瞑想をしたり、

グランディングをしたりして、

魂の自分とのつながりを取り戻し、

深めていくといいと思います。

 

そうしていつも自分の軸を見失わず、

今ここで自分を生きる毎日を充実させ、

ここにいることを楽しんでいきたいですね。

 

明日の一日も魂が輝く日でありますように。

 

p.s.

明日(2日)は「瞑想セミナー1」を開催いたします。

ご参加のみなさま、

お会いできることを楽しみにしていますね(*^^*)

 

 

2020年秋の3つの瞑想セミナー 
 

オンライン瞑想セミナー1 - 前向き気づき日記  満席

オンライン瞑想セミナー2 - 前向き気づき日記 満席

オンライン瞑想セミナー3 - 前向き気づき日記

 

10/18、10/21開催の「瞑想セミナー2」は

両日とも満席となりました。

 

追加開催ご希望の方は、

平日か土日か、時間帯などをお書きの上、

リクエストしてくださいね。

(この日は外して、などでもOKです。)

ご希望に沿えるかわかりませんが、

こちらの予定と合うようでしたら

前向きに検討させていただきます。

kitayama.piano@gmail.com

 
オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記