前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

ハートを感じる瞑想~自分の心の状態を知りケアする

今日は真っ青な空が広がる夏らしい一日でした。

今夜もペルセウス座流星群が見られそうですね♪

 

いつもはお盆に数日休みを取るのですが、

 

今年は主人の仕事がコロナちゃんの影響で大きく変わり、

お盆休みのことをすっかり忘れていて、

私はいつも通り毎日仕事が入っているので、

 

毎年流星を見に行く山に

今年は行く予定はないのですが、

 

外に出て空を眺めてみようと思います♪

 

(月末に少しお休み取ろうかなと思っています(^^♪ )

 

UFO好きな方は流星群の時はチャンスですから、

ぜひゆっくり空を眺めてみられてはと思います。

 

 

さて、私はよくこのブログで心を開くとか、

ハートで感じる、というようなことを書きますが、

 

みなさまはご自身の心の開き具合や

ハートの状態や感覚などを感じられるでしょうか?

 

これはいつも意識を向けていると、

足の親指の感覚とか、胃の調子を感じてみるのと同じように

自然なことですが、

 

普段全く意識を向けずに暮らしていると、

始めは分からない方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

例えば、普段胃が痛くなったり、

消化不良を起こしたりしない方は、

胃に意識を向けることはきっとあまりなく、

 

意識を向けて感じようとしても

あまり分からないものだと思います。

 

また例えば、筋トレをする時は、

使っている筋肉に意識を向け、

使っていることを感じながら

トレーニングするといいと言いますが、

 

これも腹筋を一回二回したくらいでは

どこを使っているのかどうか分からなかったりしますが、

腹筋を繰り返して疲れ、辛くなってくると

腹筋がどこにあるかがよく分かりますね。

 

こんな風に私たちは痛かったり辛かったりすると、

それがどこにあり、どんな感覚かがよく感じられますが、

 

そうでない時は何も感じないものです。

 

 

心も同じで、失恋して悲しい時や、

心配事があったり不安な時、

罪悪感などでモヤモヤする時などは、

心がどこにあり、どんな感じか分かりますが、

 

普段は無自覚で分かりにくいものですね。

 

幸せな時やうれしい時も心の在処を感じますが、

辛い時や悲しい時、強い怒りがある時などの方が

感じやすいようです。

 

 

それは生き物として生存するために必要な能力として

磨かれてきたからで、

 

その能力が他の人より高かった人の子孫が

今の私たちですから、

(痛みや恐れを感じる能力が低いと生き残るのは難しいですから。)

 

辛さや痛み、悲しみや不安などを

感じやすいのも納得ですが、

 

今はもう寝ていて猛獣に襲われたりしませんから、

 

喜びや幸せを感じる能力を積極的に使ったり、

体の痛みなど以外のもっと繊細な変化を感じることに

使って磨いていきたいものです。

 

 

体の声を聞くこともとても大切ですし、

ハートの声を聞くこともとても大切です。

 

ハートはレントゲンを撮っても見当たらないですが

確かにあり、

 

次元上昇し進化しているこれからの地球を生きるには、

ますます大切になってくるでしょう。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200813233558j:image

 

ハートを感じるには、

ただハートに意識を向け

感じようとしてみるだけでいいのですが、

 

始めは意識を向けても何も感じられず、

 

自分のハートが開いているか、閉じているか、

傷んでいたり疲れていたり、やわらかく豊かであるかなど、

今どんな状態か分からないかもしれません。

 

でも毎日時々意識を向けて感じようとしていると、

ちゃんと分かるようになってきます。

 

 

でも意識を向けても何も分からないと、

それを繰り返し続けることが

億劫になってくるかもしれません。

 

それでも時々意識を向けて

感じようとしてみることが大切です。

 

電車での移動中や信号待ちの時など、

ちょっとした時間に、

しばらく意識を向けることを習慣にしてみるといいですよ。

 

慣れると一瞬意識を向けるだけで感じられ、

自分のハートの状態がわかるようになりますが、

 

慣れるまでは5秒や10秒ではなく、

数分ゆっくりと意識を向け続け、

感覚を澄まして感じようとしてみるようにしましょう。

 

 

そんなハートの声を聞く訓練には

瞑想がとてもおすすめで、

 

毎日5分10分ほどでもいいので、

今の自分のハートはどんな感じかしらと

意識を向けてみるといいですね。

 

難しいやり方は特になく、

ゆっくりと深い呼吸をしながら、

ただシンプルにハートに意識を向けるだけで大丈夫です。

 

むしろそのシンプルさが大事です。

(やってみた時のお話は後半にあります。)

 

 

頭で知ろうとするのではなく、

ただ感じてみようとするだけでいいのです。

 

人によりますが、

始めは例えば色や温度などで感じる場合や、

広がりや狭さで感じたり、

光で感じるなど、その感覚は様々です。

 

正解はないので自分なりの感覚でいいので、

いつもの自分のハートはどんな感じかや、

昨日と今日の違いなどを、

 

気のせいかも?と思うことでもいいので、

日記などに書いておくといいですね。

 

 

ハートは一日の中でも状況に応じて随時変化していますが、

ベースの状態が落ち着いて穏やかだと、

何かが起こっても落ち着いて判断できたりしますし、

 

今日はなんだかハートがしぼんでいるなと思ったら、

今日はハートを大事に過ごそうと思い、

 

自分で自分のハートに優しい言葉をかけたり、

自分に花をプレゼントしてみたり、

ハートが喜ぶような音楽を聴いたりして、

自分と丁寧に接し大事にしてあげられますね。

 

気づかずに無視して大事にせず、

無理をさせて痛んで壊れてしまってから慌ててケアをするより、

日常のそんなケアが大事だと思います。

 

 

少し前ですが、

特に何も変わったことも悩みもなかったのですが、

その日はハートの光が感じにくいなと思い、

 

あれ、何故だろう?と思いましたが、

まあ人間ですから多少の変化はあるものだと思い、

 

その日の瞑想はハートにただ意識を向けていました。

 

 

自分の感覚で、

こんな時に光で包んだりすることもありますが、

その時は何もせず、

 

ただハートと一緒にあるだけに集中しました。

 

 

するとハートがだんだんとリラックスしてきて、

ハートの大地が肥沃で豊かになったのを感じました。

 

更にしばらくすると、

その大地に気づくと小さな芽がたくさん出ていて、

栄養も光も水もちょうどよく満ちているのを感じました。

 

それで、ああ、ハートが健やかに整ったなとわかりました。

 

 

この時は、例えば豊かな大地や、そこから芽吹くこと、

光や潤いなどをイメージしたりはしていません。

 

ただハートと共にあっただけです。

 

ハートはこうして意識を向け共にあるだけで安心し、

健やかな状態を取り戻すことができます。

 

何分するといいという決まりもなく、

ハートが健やかだなと感じればOKです。

 

こんなハートとただ共にある瞑想もとてもおすすめですので、

日常的にされるといいですし、

 

ハートが疲れているなと感じる時は、

時間をとってゆっくりされるといいですね。

 

 

今日はハートを感じる、ということについてのお話でした。

 

始めは感じられないかもしれませんが、

意識を向けているうちに

感じられるようになりますので、

 

気楽に「今ハートはどんな感じかしら?」と

時々意識を向けてみてくださいね。

 

これを習慣にしていると、

心が疲れてしまう前に自分でケアできます。

 

 

この先も人生は続きますが(たぶん。笑)、

ハートとのつながりは幸せに欠かせないものですし、

自分でケアできるようになっておくと心強いと思いますので、

 

ぜひ日常に取り入れてみてはと思います。

 

 ハートとのつながりを大事にして、

心健やかな人生を楽しみましょう(^^)

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記