前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

私の常識、世の非常識~常識を手放す

私は以前数年間だけ一般企業で働いたことがありますが、

それ以外は、今の仕事をするまで

ずっとピアノを教えてきました。

 

ピアノの世界は縦横の関係が厳しく、

師匠や他の様々な先生方との関係など、

お付き合いも色々と気を使いましたが、

 

15年ほど前に完全に独立し、

それをきっかけにややこしいお付き合いから一歩離れ、

今は気楽にやっています。

 

 

元々私の両親は常識の教科書みたいな人で、

私はそういうものだと思って育ったので、

私もそれに習おうとしてみましたが

どうも苦手でうまくできず、

 

あまり常識から外れ過ぎないように…と

思いながらも、

 

気づくと今ではすっかり非常識人間となっていました。苦笑

 

あんなに周りに気を使い、

人に失礼のないように、恥ずかしくないようにと

常識的に私を育ててくれたのに、

 

何故だかこうなってしまいました。

 

がんばって躾けてくれた両親には申し訳ないですが、

少なくとも、自分が常識から外れていることは

自覚できています。笑

 

 

非常識を別の角度から見ると、合理的だったり、

単に自分の意見を持つことだとも言えます。

 

例えば、もう付き合う気がない人に

年賀状を出す必要があるの?とか、

 

旅行のお土産のそのお返しなど、

お土産を頼んだわけでもなく、

自分は旅行に行かないのに、

わざわざする必要があるのか?など、

 

常識に沿って右へならえをするのではなく、

 

「あれ?これって本当に必要かしら?」と

自分の頭で考えるから生まれることだと思います。

 

ちなみに私が送るお土産や手土産は、

この人はこういうものが好きそうだから送りたい

と自分が思うから渡すものですから、

受け取って喜んでくれたらそれがお返しだと思っています。

 

 

年賀状も手土産やお土産も

したい人は送りたい人に送ればいいし、

お土産も渡したい人に渡したいものを

渡せばいいと思っていて、

 

お返しのためにわざわざ

何か用意しなくてはと思ったり、

仕事やプライベートなどで会う人にご挨拶の手土産がいる

という考えは今の私にはありません。

 

そういう気づかいをたまにされると、

「ああ、そうだ、普通はこうなのだった」と思い出し、

 

思えば遠くへ来たものだ、と思ったりします。

 

 

たまに私が何かをいただく時は、

勝手に、義務ではなくそうしたいと思ってくださったのだと

素直にうれしいので喜びます。

(もしかすると常識的な気遣いなのかもしれませんが。汗)

 

常識的な気遣いも

一応両親に仕込んでもらったのでわかりますが、

 

せめて仕事ではない付き合いの中では

そんなルールに囚われず、

そうしたいと思ったことをしていけるといいなと思います。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200720211241j:image

(ドイツ フロイデンベレクにて。

モノトーンで統一されたかわいい町でした♪)

 

 

そういえば以前、ネットで

 

「オタクの常識 世の非常識」

という言葉を見かけました。

 

なんだかゴロがいいし、

あははと笑っていましたが、

 

考えてみればオタクと呼ばれる人たちは、

自分はちょっと非常識かもしれないと

自覚しているだけ常識的ですよね。

 

それに比べ昔の私は

「自分の常識」が「世の常識」だと思っていることが

多かったように思います。

 

若い時は、恋人や当時の夫といて、

意見が合わないと、

 

「自分のほうが普通(常識)だ!」と思っていました。

 

例えば、お互いの両親に対する対応だとか、

家事の分担に始まり、

細かいところではお鍋の具など。笑

 

そもそも普通なら優先されると思う価値観が、

今考えるとバカみたいだなぁと思います。

 

どちらがより常識的で普通か?ということが、

2人の間の問題に何故関係あるのか

意味不明だなと今は思います。

 

普通、奥さん(旦那さん)はこれくらいするものだとか、

普通ならこんなことしないのに、あなたはヒドイとか、

 

「普通」をどうして2人の問題に立ち入らせていたのか不思議です。

 

 

今は何をされても、されなくても、

「この人はこうしたかったのだな」

「この人はこう思うのだ」と思うだけになりました。

 

そして私の非常識も、自分の中での

「普通かどうか」のチェックを外し、

 

よくないことという思い込みもなくなり、

ただ「私はそう思うのだ」と思うだけになりました。

 

誰に理解されなくても別にいいのです。

 

 

誰かと意見が合わない時は、

常識や普通にこだわらずに

「そうなんだ」と譲ればいいですし、

 

譲れない部分は、理解されなくても

「私はこうしたいからごめんね」と

1人マイペースに行けばいいだけです。

 

人に嫌われないようにとか、

理解してもらおうと思わなければ、

ラクなものです。

 

 

そんなわけで、色々と非常識な私ですが、

それも続けていると、

 

「ああ、この人はこんな人だよな」

と、周りが許してくれたり、諦めてくれたりもします。

 

何より、自分が周りに対して厳しくなくなり

ラクになりました。

 

 

普通かどうかチェックをしないで相手を見るようになると、

みんな本質的にはいい人だと見えてきますし、

 

そうするとそんなことは

どうでもよくなるものです。

 

以前よりずっと人を愛せるようになったなと思います。

 

友達や家族、たくさんの人が、

まるごと愛しく思えます。

 

 

「私の常識、世の非常識」。

 

だから、そんなものは手放して、

身軽になって次のステージを

自由に生きていきたいですね。

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記