前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

本当の自分の見つけ方~買い物依存や摂食障害の解決のヒント

今日は買い物依存や鬱、摂食障害など

精神的な問題がある方への解決のヒントを書きましたが、

 

そうした問題がない方でも、

自分らしい人生を見つけるヒント、

本当の自分の見つけ方と同じですので、

ぜひ最後まで読んでみてくださいね(^^)

 

 

以前と比べて

最近ちょこちょこと買い物が多いな、

と思うことはないですか?

 

または、今ではなくても、

以前そんな時期はありませんでしたか?

 

服や鞄、靴などをいつも以上に買ったり、

普段あまり買わないアクセサリーや化粧品、本などを

いくつも買ったり、

 

または、前から買い物が好きで、

すでにたくさん持っているのに

服を買うのがやめられないとか、

 

中にはもうずっと買い物依存のようになっていることも

あるかもしれません。

 

こんな風に、買い物が多くなる時、

服などに限らず、何故かこれまで特別強く興味がなかったのに、

急にそのアイテムをどんどん買う時、

たくさんあるのにもう長く買うことを止められない時は、

 

自分の中に目を向けていない「ある声」があることが多いようです。

 

 

私自身もそんな経験がありますし、

ブログの読者さんから相談をされたり、

個人セッションで相談をされたり、

私の友人にもいたのですが、

 

こんな時同じような流れがあることに気づきました。

 

 

私の場合は、普段メイクやアクセサリーなどに興味がないのに、

一つ買ってみたというのではなく、

突然あれもこれも買ったことがありました。

 

私の友人も、

普段はそれまで全身ユニクロさんというタイプだったのに、

ある時から突然ブランドもののコートや帽子、時計や靴などを

次々と買うようになったことがありました。

(今はすっかりユニクロさんに戻っています。)

 

他にも、ある人は

自分でもこんなに服はいらないと分かっているのに、

買ったまま着ていない服がたくさんあるのに、

次々買うことがやめられなかったり、

 

またある人は

メルカリなどで安く手に入るからと

同じようなTシャツやスポーツウェア、スニーカーなどを

いつくもどんどん買うようになり、

何を買ったかもわからないほどになっていました。

 

 

他にもたくさん例があるのですが、

 

人によりその対象が本だったり、

お菓子作りの道具だったり、

アイポッドやスマートウォッチなど電子機器系だったり

様々です。

 

服や靴、鞄などは誰もが日常的に使うものなので、

その対象になりやすいようです。

 

こんな例は私の知る限りでもたくさんあり、

こんな時はどうやら共通のテーマがあるようです。

 

 

そうなった時に

「あれ?こんなに次々買うなんて

なんだか最近いつもの自分と違うな」と

気づけるといいのですが、

 

たいていは趣味が変わった、趣味が増えたと思ったり、

自分がおしゃれに目覚めたと思ったり、

必要だからと思ったり、

たまには色々買い替えるのもいいかと思ったりして、

 

心の奥にある本当の声に気づかないものです。

 

 

でもそんな時は、本当に生きたい自分を生きていない時で、

ただのストレスというのとはちょっと違います。

 

本当に生きたい自分を生きていないから、

変わりたいと潜在意識で思っていて、

 

でもそれを我慢したり、

無理だと押し殺したり、

見ないフリをしたり、

変化が怖くて一歩を踏み出せなかったりしている状態

のことが多いようです。

 

躊躇して変わることから逃げているから、

簡単に変わることができる

服やメイク、電子機器などに無自覚に意識が向き、

 

買ってしまうようです。

 

次々と買うことは、

「本当の自分を生きたい!」という潜在意識の叫びで、

 

でもそれをそのまま

顕在意識の自分に伝えようとしても聞いてくれないので、

 

どう表現して伝えようかと

潜在意識が想いを伝える表現方法、想いを出す方法を探して、

 

それがたまたま服や鞄、

筋トレグッズや最新電子機器になっていたりするのです。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200714235349j:image

(ネパール ポカラにて。)

 

 

私は摂食障害になったことがあり、

拒食症や過食症も潜在意識の声の表現の一つですが、

買い物も同じなのだと思います。

 

本当の自分のままを生きたい。

 

でもそれをそのままいくら伝えようとしても

無視されて聞いてもらえないから、

別の方法で表現しているのです。

 

 

ですから、買い物の量や内容が変わった時、

またはこんなにいらないと分かっているのにやめられない時は、

 

止める方法を考えるのではなく、

 

「どう変わりたいのか?

「私は何をしたいのか?」

「本当はどう生きたいのか?」

 

を自分に何度も問いかけることです。

 

どうしたいのかを「頭で考える」のではなく、

「心の奥に問いかける」のです。

 

多くの人はこんな時に頭で考えてしまい、

分からない、見つからないと言いますが、

頭でいくら考えても分かりません。

 

聞く先は心、魂です。

 

 

でも普段から心や魂とコミュニケーションが取れていないと

答えはすぐには分からないでしょう。

 

そもそもコミュニケーションが取れていないから

潜在意識はモノを買うことで表現しているのですから、

 

こんな時は焦らずじっくり心の奥に何度でも問いかけ、

どう思っているのかを感じようとしてみることです。

 

 

こんな時は瞑想がとてもおすすめです。

 

瞑想でほんの短い時間でも思考を止め、

すべてを手放した状態を毎日経験することで、

潜在意識の声が聞きやすくなるでしょう。

 

瞑想のやり方にこだわり過ぎず、

まずは気楽に目を閉じてゆっくりと呼吸に集中してみましょう。

 

(詳しいやり方を学びたいかたは

オンライン瞑想セミナーも開催いたしますのでご活用ください。

夏の終わりごろの予定です。)

 

そうして聞いても最初は潜在意識の声なのか、

ただの思いつきなのか分からないかもしれませんが、

 

それでもいいので

ふと思いついた小さな答えに従っていきましょう。

 

毎日一つでも自分に寄り添おうとすることで、

段々とコミュニケーションが取れるようになってくるでしょう。

 

 

でもそれがなかなか分からない、という方は、

それも続けつつ、

(それを手抜きしては同じことを繰り返すようになります。)

 

「今私は本当はどう生きたいのか?」

「どう変わりたいのか?」を知る近道として、

 

まず違和感を感じることや、

不調和を感じることをやめましょう。

 

または不調和だと感じることを

調和するように自覚的に自らが心を開いていきましょう。

 

「どう変わる」の前に、

「何がイヤで、何が自分らしくないから変わりたいと思うのか?」

「変化を恐れていることは何か?」

に気づきましょう。

 

 

先に程書いた私の例では、

その時は手放すのが怖いものがあり、

先延ばしにしていました。

 

私の友人はその後かなり重い鬱になりました。

仕事量がどうがんばってもこなせないほど多いのに、

立場上NOと言えなかったことが原因でした。

 

メルカリで大量にTシャツなどを買った別の友人は、

がんばっても誰もそれをわかってくれない

むなしさがあったようです。

 

 

中には、自分が変わりたいと思っているなんて思いもよらず、

全く無自覚なこともあり、

 

「何がイヤで、何が自分らしくないから変わりたいと思うのか?」

「変化を恐れていることは何か?」

 

と聞いても、ピンと来ることがないかもしれませんが、

 

その場合は小さなことでもいいので、

たくさん、どんどん違和感を感じていることを

書き出してみるといいですよ。

 

 

例えば、なんとなく微妙な両親との関係とか、

今の暮らし、家族や親戚、ご近所との関係、

ここに住んでいること、

毎日の時間の使い方、

家事で丸一日休みがないこと、

仕事の内容やペース、

体を動かしたいと思うのに時間や場所がないこと、

早く寝ないこと、

クローゼットに服がいっぱいあるのに着る服がないと思うこと、

 

なんでもいいので、

自分が人生にいらないと思うことや、

なんとなく引っ掛かりがあり違和感を感じることを

全部遠慮なく書き出してみましょう。

 

そして簡単そうなことから止めてみたり、

回数を減らしたり、

改善策を考えて実行してみましょう。

 

 

そうして本当のリアルで正直な自分の気持ちを

しっかり聞き、それに従うことで、

少しずつ自分とのコミュニケーションはよくなってきます。

 

その先に、

 

「どう変わりたいのか?

「私は何をしたいのか?」

「本当はどう生きたいのか?」があり、

 

だんだんと具体的なことが浮かび上がり、

自然とつながっていくでしょう。

 

 

潜在意識の声を聞いて、

聞くだけではなくしっかりそれを行動で答えていくと、

 

いつもの自分にとって不自然な買い物はなくなります。

 

これは買い物だけではなく、

拒食症や過食症なども同じ原理ですし、

鬱などもそうです。

 

何十万もするブランド服を買いあさっていた友人は、

職を失う覚悟で勇気を出し、死ぬ気で移動願いを出し、

(移動させてくれないと死ぬと本気で訴えました。)

無事移動し、

 

今では、なぜあの時あんなに高い服ばかり

たくさん買ったのか不思議、と言っています。

 

(ブランド物を買うのが悪いわけではなく、

その人にとっていつもとは違う

不自然な行動をしていたことが問題です。)

 

 

買い物や摂食障害など精神的な問題がない方でも、

今日ご紹介した自分への問いかけや、

違和感を感じることを止めることは、

 

自分らしい人生を生きることに大きく関わりますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

自分の小さな違和感や違いはサインです。

 

それに気づき、心の奥の自分とつながって、

軽やかに自分らしい人生を歩んでいきたいですね。

 

 

 ご質問や応援メッセージはこちらから。

ご質問&応援メッセージ受付フォーム

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記