前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

人生最後の日でも100年続くのでもこう生きると思うような一日を

今日は晴れやかな青空とたっぷりの日差しが眩し一日でした。

 

日差しは強いですが爽やかで、

穏やかな風が心地よい午後でした。

 

そんな今日、17年使っていた

リビングのエアコンが不調だったので

とうとう新しいエアコンに付け替えました。

 

真夏になる前に付け替えられてよかったです♪

 

朝からバタバタしましたが、

ついでに部屋の隅まで掃除でき、

部屋の空気がすっきりしたように感じます。

 

これからこの新しいエアコンと

仲良く暮らしていきたいと思います(^^)

 

 

さて、春前から続いていたコロちゃんによる外出自粛や

県外移動自粛なども解除され、

 

少しずつ日常に戻ってきていますが、

みなさまの毎日はいかがでしょうか。

 

先日からオンラインの個人セッションを

何度が受けていただいているシンガポールにお住まいの方は、

 

日本とは違い、ハッキリと規制内容が決まっているそうで、

今はかなりゆるみ、5人までなら集まって、2mあけて

食事を一緒にすることができるようになったそうです。

 

規制違反をすると罰則があるそうで、

 

日本はそこまで細かく指定されていませんが、

そこがまた日本らしいところだなぁと思います。

 

 

そうして少しずつ元の日常に戻っているようで、

実際には今、新しい日常が始まっています。

 

ただの元通りではなく、

世界中で大きな変化を経て、

それぞれに新しい日常を描いていくところですね。

 

そんな今、もう一度

自分が本当に生きたい毎日はどんなものかを

自分に問いかけてみましょう。

 

前から持ち続けている夢や希望は、

本当に今もそのままでしょうか?

 

ベースはそのままでも、

少し変化している部分はないでしょうか?

 

夢や希望というほど大きなことでなくても、

起きてから寝るまで、

こんな毎日を生きたいなと思うのは

どんな一日でしょうか?

 

それは死ぬ前の日でもそうありたいと思うものでしょうか?

 

またこの先100年生きるとしても

その毎日を生きたいでしょうか?

 

 

基本的には、死ぬ前の日でもそうありたいと思う一日を

毎日生きるといいと思います。

 

でも例えば、あと1ヶ月しか生きられないなら、

朝から晩まで自分のためにだけ生きるかもしれませんが、

 

100年あるなら、

それだけだと飽きるかもしれない、

もっと何か人や世界に喜ばれることができるのでは?

役に立てるのでは?と思い、

 

毎日の中の一部を、

誰かのために生きたいと思うかもしれません。

 

100年あればなんでも学んで身につけらるだろうと、

新しい何かに一から挑戦しようと思うかもしれません。

 

このどちらの視点でも考えてみて、

そのちょうどよいところを考えてみるといいように思います。

 

f:id:yuko-k-ami:20200622205824j:image

(今日の地元の海。)

 

 

私は基本的には自分がしたいことをして

遠慮なく生きようと思っていて、

 

とてもマイペース型なのですが、

 

でもそれだけで何十年も生きるより、

 

人と適度に関わり、

自分にできることをちょっとがんばったりしながら

差し出して受け取ってもらったり、

人から学んだり受け取ったり感謝したりしながら

生きるほうが、

 

幸せ度が高く、充実するように思います。

 

 

ただこれもベースに自分を生きるということがまずあり、

それにプラスして無理のない範囲で

人生に取り入れるのがいいように思います。

 

例えば、親だから、仕事で頼りにされるからという理由で、

自分を生きることを手放したり、

ずっと自分を後回しにしたりすると、

 

誰の人生を生きているのかもわからなくなり、

自分を失ってしまい、

 

そうなると幸せを感じられなくなってしまいます。

 

 

自己犠牲は一見美しく見えたり、

そうすることで満足したり、

無自覚のうちに見返りを求めたり、

 

立場を理由に他人が当たり前のように

人に自己犠牲を求めたりしますが、

 

犠牲者になってしまうと幸せから離れてしまいます。

 

そうしたいからする、

それは自分の選択、であっても、

 

その割合が、自分を生きることの妨げになるほど多かったり、

自分を生きる時間がなくなってしまうなら、

見直してみてはと思います。

 

 

どんなにやりがいのある仕事や子育てなどでも、

純粋に自分であることを楽しむ時間は

毎日の中に必要だと思います。

 

子育てでまだ小さい赤ちゃんがいる時や、

仕事の繁忙期などは、

一時的に自分の時間がなくなることも

あるかもしれませんが、

 

落ち着いてきたらいつまでもそのままにせず、

意識的に自分を生きる時間を作るように

一日の時間配分を変えていくといいですね。

 

 

そういう私も、楽しいから、したいことだからと

ついついブログなどに時間をかけ過ぎてしまいがちですが、

 

それも楽しみながら、

でも自分を生きることとのバランスを

自分にとってのベストに調整しながら、

 

三ヶ月前の私ではなく、

今の私が生きたい毎日を生きたいなと思っています。

 

 

基本楽しいことや好きなことしかしていませんから、

どの仕事もいつも本当に楽しく、

仕事ができることが幸せだなぁと感じていますし、

 

それ以外の時間に毎日勉強し学んだり、散歩をしたり、

例えば瞑想をすることも、

本当にしたいことなので満足なのですが、

 

やりたいことが多くなると

白紙の時間がなくなるので、

 

そこは気をつけていきたいなと思っています。

 

白紙の時間は自分らしく生きるためにとても大切ですから。

 

 

そうしてバランスを取りながら、

余白も忘れずに大切にし、

 

今日が人生最後の日でも、

100年生きるのでもこう生きると思うような一日一日を

生きていきたいですね(^^)

 

 

 ご質問や応援メッセージはこちらから。

個別の返信はしておりません。

ご質問&応援メッセージ受付フォーム

 

 

オンライン個人セッション受付中です♪

詳しくはこちらのページをどうぞ。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記