前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

成長が感じられない時

優しい空気が満ちる今夜の空気はしっとりとしていて、

ゆっくりと雨へと移っているようです。

 

こんな移り変わりの時間もまた味わいがあり

いいものですね。

 

 

さて今日はシンプルなメッセージをお届けしたいと思います。

 

いつもついつい長くなってしまうので、

今お伝えしたいことを分かりやすく、

ポイントを絞って書く日を作ってみたいと思います。

 

 

最近は連続で手放しについてのお話を書いていますが、

 

それはとても大切なことで、

これからも人生を通して続けていくことですが、

 

でもそこを深く覗き込むと、

掘るほどに色んなものが出てきて、

そう簡単に終わらないものです。

 

そんな自分を見ると、

未熟さが目につき、

 

まだまだ私はダメだ、

全然底や光が見えてこない、

奥が深すぎて気が遠くなりそう、と、

 

思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

それは本当に覗き込んだからこそ知ったことで、

 

それを知らない人より

ずっと光に近づいているのですが、

 

まだ光の当たっていない奥底ばかりを見ていると、

 

光なんて遠すぎると感じ、イヤになったり、

他の人と比べて情けなくなったり、

 

成長していたつもりが、まだ全然だったと気づき、

落ち込みそうになったりするかもしれません。

 

f:id:yuko-k-ami:20200326211548j:image

 

でも本当はそうではなく、

それはそう感じるほど遠くまで歩いてきた証拠です。

 

そう感じた人はそれだけ成長したのです。

 

これまで色んなことがありながらも

ここまで歩いてきた道を振り返ってみましょう。

 

見る先が遠くになるほど、

歩いてきた道が

「まだたったこれだけ」と思うかもしれませんが、

 

振り返ってみれば、ここまでの道のりも

若い頃の自分からすれば

気が遠くなるような濃く深い道だったのではないでしょうか。

 

それをここまで歩いてきた自分を

もっと評価してあげましょう。

 

たくさんがんばって乗り越えてきた道を誇りに思い、

自分はよくやっていると褒めてあげましょう。

 

前に進んでいないようでも、

長いスパンで見ればきっと進んでいるものです。

 

 

人と比べて焦らず、

スタスタと進んでいないことに落ち込まず、

すんなりと変われない自分を責めず、

 

それでも生きて前に進んでいきたいと思う自分を

愛しみましょう。

 

 

疲れたら休んでいいのです。

 

前に進めない日もあるものです。

 

そんな自分を受け入れてながら、

人と比べないで、

マイペースでまた歩いていけるといいですね。

 

 

人生の道は長いです。

 

その時の自分に合わせてペースを変えながら、

道中も楽しんでいけるといいですね。

 

小さな幸せを喜ぶことを見失わず、

楽しんでいきましょう(^^)

 

明日も笑顔の一日となりますように。