前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

人生の転機を楽しむ

人が大きく成長する時、大きな変化をとげる時、

必ず自分の何かを大きく手放す時が来ます。

 

結婚する時や離婚する時、

長年勤めた会社を辞め

夢に向かって大きな一歩を踏み出す時も、

また、目に見えない思考の変化であっても、

 

変化が大きいほど手放すものが大きくなります。

 

 

手放すものは、少し前からズレを感じていた人間関係や、

今の自分に合わなくなった思考の時もあれば、

 

手放すつもりもなかった友達や恋人であることもあり、

その時は辛くて手放したくないと思ったりすることも。

 

何故急にそんな話になるのかわからないまま、

引き剝がされるように感じることもあるでしょう。

 

ですが、それも宇宙の完璧なタイミングです。

 

 

一気にたくさんの人や

ウエイトの重い環境などから卒業する時は、

人生の川の流れがそれまでとはガラリと変わりますから、

 

慌てずに手放すものと向き合い、

見送ることを受け入れると、

本当に必要なものは、ちゃんと自分の中に残ります。

 

これは今まで何度も経験しましたが、

本当に必要なものなら残るのです。

 

 

それは、自分が絶対に必要で手放したくない!と

しがみつくものと違うこともありますが、

 

残ったものを見て、

「ああそうか。確かに本当に大切なものが残ったな」

と思うものです。

 

しがみついても、離れるものは離れますし、

しがみつかなくても、残るものは残るので、

 

離れていくと感じたものは、それを受け止め、

感謝と共に手放すことを受け入れるといいですね。

 

そうして離れる人や状況、ものなどに対し、

誠実で正直であるようにすると、

拗れた人間関係も収まるところに収まり、

 

よりスムーズに次のステージへと進んで行くでしょう。

 

 

転機での人とのお別れには、

大切な人との今世での永遠のお別れもあります。

 

人はお互いに、知っているようで深く知らないままで

理解できないことも多いですが、

 

自分は相手にそのままの自分を

知ってもらう努力をしたか、伝えたか、

分かり合えなかったその人と、本音でぶつかってみたことはあるか、と、

 

普段から自分に聞いてみるといいですね。

 

これは相手に分からせ納得させることとは違い、

ただ「私はこうなのです」と

そのままの自分を伝えるだけで充分です。

 

勇気を出してそれをするとお互いに本質に触れられ、

痛みを伴うお別れも、

自然な流れで次へと進めるでしょう。

 

これは家族間でも大切で、

いつか自分か相手の人生が終わる時に、

後悔が少ないように思います。

 

f:id:yuko-k-ami:20200223231439j:image

(ニュージーランド ワイヌイフォールズに行く途中の渓谷にて。)

 

 

誰もがそうだと思いますが、

この歳にぬりますと私もこれまでに離婚や転職、

生き方や価値観が大きく変わったことで

人間関係がガラっと変わるなど

もう何度も人生の大きな転機を経験していて、

 

ずっと2~4年に一度くらいのペースで

そんな大きな変換時期がやってきていましたが、

最近はそのペースも早くなってきたように感じます。

 

そんな大きく変わる前は、無性に大掃除がしたくなり、

大量に物を手放したりします。

 

まだそんな変換機が来るとは思いもしない時期に、

何故かそうしたくなるのがおもしろいです。

 

きっとどこかでもう自分の本質は、わかっているのでしょうね。

 

もうこのままではいられないという想いの現れかもしれません。

 

 

逆に変化を起こしたいのなら、

物や価値観、思い癖など、

もういらなくなったものを先に手放すといいですよ。

 

するとスムーズに自然に変化の流れに乗っていくことができます。

 

 

最近の地球の波動の上昇により、

恐れを手放し愛へとつながる人はどんどん増えています。

 

それはある日突然、何かのきっかけで

まったく恐れを感じなくなり愛に目覚める、

とイメージするかもしれませんが、

 

たいていはそうではなく、

恐れから愛へと重心が少しずつ移っていきます。

 

その重心の移り方は、今日も1g、明日も1g、と

坂道のように移るのではなく、

 

何度も変革の時を超えながら、

普段は0だったり時々1だったり、逆に戻ったりしながら、

 

2年経ったある時期に100g、次は3年後に200g、という感じで、

階段を上るように恐れを手放し愛へと傾いていきます。

 

 

すんなりと手放せるようになり、

どんどん波動が上がっていくと、

そのタイミングがやってくるサイクルが早くなり、

 

昔は10年に一度くらいだったのが、

1、2年ごとに転機が来るようになったりします。

 

それは波動が変わった時に、

今の波動に合わせて起こるものですから、

 

痛みが伴うことでも、

必ずそのあとに今の自分にあった世界にいるようになるでしょう。

 

 

逆になかなか恐れの本質と向き合えずにいると、

同じ一段に長くいることになりますが、

 

その分、いつか一段上がる時は大きな一歩になることが多いです。

 

その一歩が大きいほど、手放すものが多く、

痛みを伴うこともあるかもしれませんが、

それは手放すことに怯えるエゴの声です。

 

実際に手放して見れば、意外と大丈夫なものですから、

恐れという幻想に飲み込まれないで、

先へと続く道に目を向けで進んでいきたいですね。

 

 

変化はちょっとしんどいこともありますが、

けっこう楽しいもので、私は好きです。笑

 

そんな大きな変革期を越えれば越えるほど、

自分らしく自由になると経験で知っているからです。

 

今、そんな時期を迎えているかたもきっといらっしゃるでしょう。

 

もがくと長引き、苦しさが増しますから、

足掻かずに流れに任せ、

 

手放すサインが来たものは、

感謝とともに、どうぞと行かせてあげるといいですね。

 

そのあとには、軽やかな自分が待っています。

それを楽しみにぜひ変革期も笑顔でいたいですね。

 

 

全く波のない海で泳ぐより、

ちょっと波があったほうがおもしろいですよね。

 

たまに頭から波をかぶるかもしれませんが、

それもあるから海で泳ぐのはおもしろいのです。

 

ドーンと構えて楽しんでいきましょう。

 

人生ってやっぱりおもしろいですね(^^)