前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

幸せの見つけ方

今日はシンプルにメッセージを書いてみようと思います(^^)

 

**

 

穏やかで平和な日々というのは、

与えられるものではなく、

 

自分でそこに目を向け

感じることで得るものです。

 

例えば、

仕事が順調で経済的に安定して余裕があり、

愛する人や家族と円満で、

社会が平和で、

天災などがなく、

生きがいがある。

 

そんな状況がそろった時に、

やっと穏やかな幸せがここにあると納得し

認め満足する、のではなく、

 

どんな厳しい状況でも、

今目の前にある状況の中の穏やかさや優しさに

自分であえて目を向けフォーカスすることで、

それが今すでにここにあると自覚し感じるもの、だと思います。

 

要は、何に自分が目を向けるか。

何にフォーカスするか。

 

幸せの始まりはいつも自分からで、

愛であれ優しさであれ、

なんでもそうなのでしょう。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200202223503j:image

 

カメラのファインダーから覗く世界で、

何に焦点を合わせるかで

写る写真が変わるように、

 

きれいな心に焦点を合わせるか、

ワガママな性格に焦点を合わせるかで、

まるで違うものになります。

 

一本の桜の木で、

散りかけの花を見るか

若葉をみるか、

たくましい幹を見るか、

そこに這う虫を見るかは、

その人の自由です。

 

人はつい刺激の強いものに目を奪われてしまいがちですが、

 

そこから一歩離れて、

 

自分が何を見ているかを自覚し、

見たいものを自分で選んでいけば

すぐに自分が望む美しい世界が見られます。

 

今日も、今、目の前にある幸せに目を合わせて生きたいですね(^^)