前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

幸せの見つけ方~自分を幸せにする生き方

2020年になり二週間が経ちました。

 

みなさまはこの二週間の間に

どんな新しい挑戦や新しい経験をしましたか?

どんなことを学びましたか?

やってみたかったことをしてみましたか?

 

忙しくてなかなか…今月中、今年中にはきっと、

と思っていると、

結局何もできないまま一年が過ぎてしまいますから、

 

してみたいことが大きなことなら、

その最初の一歩を踏み出すために靴を履く

というくらいの小さなことを

今日するといいですよ。

 

例えば、前から興味がある仕事をするには

資格が必要だなとか、知識や経験が足りないなと思うなら、

 

それをするための講座を探して、問い合わせてみるとか、

本を買って今日からまずはどんな感じか

試しに勉強を始めてみるといいですし、

 

忙しいライフスタイルを見直したいと思うなら、

理想のライフスタイルの中の一つを

今日取り入れてみるといいですね。

 

全部完全にできないから無理だとあきらめないで、

まずは小さな一歩から毎日試していくと

 

人生の流れが変わり、

夢へとつながる流れができるのでおすすめです。

 

そのためにも、昨日書きました、

自分の輪郭をはっきりとさせる(本当の自分を知る)ことは大切ですね。

 

(昨日の記事はこちら。↓ 

本当の自分を見つけるには~シンクロが加速する生き方 - 前向き気づき日記

 

本当の自分が分からないままですと

向かいたい先(夢や目標、理想)がぼんやりしていて

どこから手をつけていいのかが分かりませんから。

 

 

本当の自分の夢や理想、人生の目的などを知りたいけれど、

それがまだよく分からないという時は、

 

まず「私はどう生きて自分を幸せにするのか?」を

考えてみるといいですよ。

 

自分はどうすれば自分を幸せにできるか?を自分に問うと、

 

「自分の幸せって何だろう?」という疑問が出てきます。

 

人により幸せの定義は違いますし、

同じ自分でも、一年後には変わっていたりすることもありますが、

 

それは気にせず、今の自分について考えましょう。

 

先はどうでもいいというわけではないですが、

10年後の自分がどんな価値観でいるかなど、

今考えても分かりませんから、

 

今の自分の価値観でいいので、

自分の幸せを遠慮なく描いてみてください。

 

こうあるべきというような

正しい姿の幸せでなくてかまいませんから、

自由に考えてみましょう。

 

 

例えば、今は忙しくて自分の時間がないけれど、

理想を言うなら夕方までには仕事を終え、

夜はゆっくりしたいとか、

 

その忙しい原因のいくつかがなくなればいいのにとか、

 

自分の毎日へのリクエストがあれば、

そこから自分は何を望んでいるのかの本質を

見つけていくことができます。

 

(それのどういうところが嫌なのだろうとか、

具体的にどれぐらいの時間があれば幸せだろうなど、

自分に問いを繰り返し深めていきます。)

 

そうして自分に問いながら、

自分はどんな人生を送りたいと望んでいるのか?

自分と向き合い、手探りで見つけ、

 

では私はどうやって自分を幸せにしようか?

と考えてみましょう。

 

 

大切な自分のために、

もう無理をさせないでいるにはどんなやり方があるか?とか、

自分が自然と笑顔になったり、幸せだなと感じる

状況や生活に近づくにはどうできるか?などを

 

考えて行動に移してみるといいですね。

 

f:id:yuko-k-ami:20200113231824j:image

 

そしてもう一つ、「私は何をして人を幸せにするか?」

も考えてみるといいと思います。

 

これは自己犠牲の上で考えないことが大切で、

自分に我慢をさせたり、自分を削ったり、

こうあるべき姿から考えないことです。

 

自分が無理なくでき、

それをしていると自分が幸せを感じることで、

 

誰かが喜んでくれることは何だろう?

誰かが必要としてくれ役に立てることは何だろう?

と考えてみてください。

 

それが人生の中にあると、

人は幸せを感じられますが、

 

そのために自分に無理をさせないことがポイントです。

 

私たちは、自分も誰かも幸せにすることで

本当に幸せであることができると思いますから。

 

 

人を幸せにするのは、小さなことでOKで、

家族にごはんを作るとか、

いつも笑顔で声をかけたり、ありがとうと言うなどもいいですね。

 

もちろん、得意な手芸やパン作りなどで

お店やネットで販売して

お客さんに喜んでもらうのもいいですし、

 

形のないもの、例えば習字や英語、片付けなど

人に得意なことを教えるとか、

 

好きなことに関わる会社に所属して

みんなで大きな事業をし、多くの人に喜ばれるのもいいですね。

 

お金をいただかなくても仕事でも、どちらでもいいですが、

人生に誰かに喜ばれることがあると

人は幸せを感じながら生きられるように思います。

 

ただし先に書きましたように、

その前提としてまずは自分を幸せにすることで、

人のためにと自分の幸せを犠牲にしないことです。

 

この二つはどちらも大切にしましょう。

 

 

そんな自分の幸せに基づいて自分の理想や夢、目標、希望を描き、

 

そちらへと進んでいく小さな一歩を

毎日行動していきましょう。

 

その小さな一歩はとても楽しいものです。

 

楽しくないのならどこかで無理があったり、

義務感や正しい在り方などから

本当の自分ではない夢かもしれません。

 

本当の自分からズレた夢で、

自分では本当に望んでいると思っていても、

魂ではそうではない場合は、

 

どこか重くて動き出せなかったりしますから、

自分の夢の本質をもう一度じっくり考えてみるといいですね。

 

 

自分を幸せにするのは毎日の自分です。

 

例え明日宝くじで高額当選しても、

自分を大切にし自分を幸せにするという生き方ができないなら、

その幸せは一時的なもので終わるでしょう。

 

今は90歳くらいまで生きる人も増えています。

明日は分かりませんが、

まだまだ先は長い可能性も十分ありますから、

 

自分を幸せにする生き方に今切り替え、

これからの毎日を自分も人も幸せであるよう

生きていきたいですね。