前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

うまく生きられない自分が嫌いな人へ~自分らしく生きる方法

今日は穏やかな晴れの一日でした。

散歩をするのが気持ちいい毎日です。

 

昨年末ハワイでウォーキングに参加して以来、

前にも増して散歩が好きになり、

最近のマイブームです。

 

地域によると思いますが、

私は真夏より真冬の方が散歩をするには体にラクなので、

ゆるゆると楽しみたいと思います。

 

 

散歩と言えば、先日散歩の途中で、

10年ぶり?に少しだけ軽くジョギングをしてみました。

 

歩くのと変わらないくらいゆっくり、

ほんの100mほどでしたが、

私にはドキドキの時間でした。

 

元々小さい頃から肺活量に問題があり、体力がなく、

10年ほど前にバレエの練習のし過ぎで体を壊し、

病院で、散歩はいいけれど走ったり運動したり

しないようにと

運動禁止令を出されていまして、

 

入浴も湯船に浸かると疲れ過ぎるので、

それ以来ずっとシャワーだけにするようにと言われていました。

 

(運動さえしなければ普段は問題なく元気です。)

 

 

そんな状態でしたが、

先日歩いていると突然なんだか無性に走りたくなって、

 

どうしてもちょっとだけ走ってみたい!と思い、

少しだけゆっくり走ってみました。

 

きっと普段から電車に飛び乗ったり、

横断歩道を走って渡ったりしている人には

ピンとこないかもしれませんが、

 

私には走ることも運動も10年以上ぶりのことで、

走ってみると、走っているということがとてもうれしくて、

 

「私、走ってる!!わー!すごい!」と涙が出ました。

 

全力で走ったわけではなく、歩くスピードと変わらない程度の

ほんの100mのジョギングでしたがもう大感動でした。

 

肉体を持って生きてるって素晴らしい!と実感しました。

 

(その後船酔いのような目眩と吐き気で真っ直ぐ歩けず、

帰ってすぐ休みましたが。苦笑)

 

 

みんなが当たり前にできることが自分にはできない

ということが、

誰にでもあるかもしれませんが、

 

それは私にもたくさんあり、

 

例えば、体力的なこともその一つですし、

 

他にも、親戚やご近所、クラスメイトや同僚など

みんなと当たり障りなく付き合うことや、

毎日違う食事メニューを考えて料理することなどもそうですし、

 

昔は色んなことがうまくいかず、

会社勤めも本当に苦痛でしたし、

結婚生活も失敗し、

大好きな仕事でも食べていけず(ピアノ)、

 

どうして私はこんなに色んなことが普通にできないのかと

いつも情けなく思っていました。

 

 

私は出来損ない?

我慢や辛抱が足りない?

努力が足りない?

能力が足りない?

性格が歪んでいる?

 

自分が欠陥品のように感じ、

仕事も結婚も人間関係も好きなことも、

どれも人並みにできず、

 

そんな自分が嫌で、どうにかしたくて、でもできなくて。

 

ずっとそんな風に感じていました。

 

f:id:yuko-k-ami:20200109193113j:image

 

でもある時、もうこんな自分でいるのはイヤだ!と思い、

 

色んなことがうまくできないのが私なのだ、

それを人並みにしようとするのは無理だから、

もういい、このままで生きる、と思い、

 

普通にできないことだらけの自分のままで

生きるようにしましたら、

 

自分の世界が少しずつ変わり、

 

気づくと自分らしい人生が広がっていました。

 

 

昔できなかったことは今もできないままで、

 

今も会社勤めはうまくできませんし、

人付き合いは上手ではないし、

主婦が当たり前にすることを私はできないですが、

 

何故かそのままで色んなことがうまくいっています。

 

 

会社勤めができないから一人で仕事をしていますし、

結婚生活は、私に負けず劣らず一人好きの夫と

お互いに自由に暮らしています。

 

人間関係はうまくやろうという考えは手放し、

無理に付き合わない、みんなに好かれなくてもいいと思い、

気にしなくてなり、とてもラクになりました。

 

 

よく円形グラフに色んな項目を挙げ、

その凹凸が少なくバランスよく、円が大きいほど良い

と考えますが、

 

一般的に挙げられる項目は私はボロボロだろうなと思います。

 

でもそのボロボロで、凹凸が激しい歪(いびつ)さが私らしさで、

 

それがいいねと言ってくれる人が

この広い世界にはいたりするのだと分かりました。

 

それはいくら人からそんな事を聞かされても

都合のいい綺麗事のように思っていましたが、

 

実際に思い切って自分のままで生きてみると

本当にそうだと分かりました。

 

 

私たち一人一人の存在価値はそこにあり、

その歪さこそが輝きとなったり、

 

多くの人には意味がなくても、

誰かにとってもとても大切な存在だったり

するのだと思います。

 

 

自分のうまく生きられない部分を

人並みにしようとする努力はとても大変で辛いものです。

 

だって自分のままではダメだ!と常にダメ出しをしながら否定し、

自分を押し殺すことですから。

 

そしてそれは大変なわりに

望むような結果につながらないものです。

 

 

でもそんな無理な努力をやめ、

普通にできない自分のままで生きようと腹をくくると、

 

これまで歪み矯正の陰に隠れていた個性が輝き出し、

 

そんな自分を喜んで受け入れ、

それが表に流れ出るようになると、

 

それを喜んでくれる人とつながるようになってきます。

 

 

それはどうやって?と方法を考える必要はなく、

ただそうあれば自然とそうなります。

 

そのために必要なことは、

自分を受け入れることと、

その自分で生きることです。

 

 

私たちはつい方法やテクニック、やり方を探そうとしますが、

それは別にわざわざ探さなくても大丈夫なのです。

 

自分が本当の自分を生き始めると、

その自分がワクワクすることや、なんとなく興味があることなどを

一つずつやっていくうちに

自然と出会いつながるものです。

 

ですからやり方や方法で悩まずに、

 

もし今、自分は何をやっても人並みにできない、

普通に生きられない、ダメな人間だと思っているなら、

 

ぜひ今日からその自分を受け入れ、

そのままの自分であることを楽しんでみてくださいね。

 

きっと生きづらい世界から、

ふと気づくと自分のままで居心地のいい世界に変わっていますよ。

 

みなさまがそれぞれに輝きますように。