前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

毎日の瞑想でストレスを浄化する

今日も柔らかい冬の一日でした。

 

ふと見ると、年末にあんなに家中大掃除をしたのに、

もう細かいところに埃(ほこり)が

目につくようになっていました。

 

どんなに丁寧にきちんと掃除をしても

3日もたてば埃がたまるように、

 

私たちの心にも頭にも、日々色んな澱(おり)が

知らず知らずのうちにたまっているのだろうなと思います。

 

例えば、何気なく言われた心ない一言や、

周りからの決めつけや評価、

言いたくて言えなかった言葉、

したかったけれど諦めたこと、

理解できなくて受け入れられないまま飲み込んだ意見や、

なんとなく違和感を感じたことなど。

 

それを何ヶ月、何年も溜まり続けるまま放っておくと、

それが原因で心や体が不調和を起こし、

 

でも特に粗大ゴミのような大きな問題がないことから

原因不明の不調と思われるのでしょうね。

 

日々音もなく自然と積もる埃で死ぬ人はいないのでしょうが、

薄汚れ、空気中に舞い、吸い込み、

時にはアレルギーを引き起こすように、

 

心や頭に積もる澱も、私たちの輝きをくすませ、重くし、

時には心や体にトラブルを引き起こすことがありますから、

 

日ごろから溜まる前に洗い流していきたいものです。

 

 

トラブルが表面化してから慌てて対処し、それが解決できても、

同じように生きていればまたトラブルが起こるのは当然です。

 

問題が表面化した時に誰かの手を借りて、

きれいに取り去っても、

そこからまた埃は積もっていくのです。

 

ですから、そうなる前にこまめに自分でそんな澱をためないように

洗い流すことを習慣にするといいですね。

 

f:id:yuko-k-ami:20191225221732j:image

 

心や頭に積もる澱を洗い流すには、

瞑想するのが一番簡単でいい方法だと思います。

 

毎日自分1人で出来、お天気に関係なくどこでも出来、道具もいらず、

今すぐはじめられますから。

 

やったことがない方もあまり難しく考えずに、

リラックスして座り、

ゆっくり呼吸するだけでもいいのです。

 

その時に吐く息に集中し、

吐く時に自分の中から今日一日で溜まった澱を

吐き出すようにイメージするとより効果的です。

 

思い当たる何かがあるなら、

それを手放すように自分から出て行くことをイメージするといいですし、

 

特になければ、今日溜まった埃が

きれいに洗い流されていくことをイメージするといいですね。

 

 

何分やらなければならないという決まりはないですから、

自分がスッキリして、なんとなく気分が軽やかになるまで

やってみるといいと思います。

 

部屋を掃除するように、自分の心や頭の掃除も

習慣にするといいですね。

 

時間がない方はお風呂でやってもいいですし、

眠る前に呼吸5回だけ、などでもいいと思います。

 

 

また、日常の生活の中で自分の内側に

埃が溜まっているなと感じたら、

できるだけこまめに瞑想をすることをおすすめします。

 

駅まで歩く間や、車の運転中でも、

外の新鮮な空気を吸いながらやるといいですね。

 

私も短いちょっとした時間によくやります。

 

 

この瞑想は、瞑想というかシンプルな呼吸法という感じですから、

本格的な瞑想とは違いますが、

 

自分を澱ませないでいることは、

自分の魂とのつながりをよくするために大切なことですし、

 

自分を軽やかにすることは、

自分らしく輝いて生きるためにとても大切だと思うので、

 

気軽に取り入れていくといいと思います。

 

 

きれいな川は、近づいて潜らなくてもきれいだなとわかります。

 

橋の上から見ても水が澄んで透明で、

サラサラと流れ、太陽の光を受け輝きます。

 

人間も同じで、その人の奥深くまで調べなくても、

ちょっとした会話でもなんとなくそのきれいさを感じ、

伝わるものです。

 

川と同じで、透明感があり軽やかで、輝きを感じます。

 

私たちもそんな川のような人でいられるように、

汚れるものやゴミが入りこんだら取り除き、

毎日たっぷりの水で流していくようにしましょう。

 

そのたっぷりの水が新鮮な空気です。

吸うより吐ききることが大切で、

それによって流れるのです。

 

どんなに毎日周りからゴミを投げ込まれても、

毎日取り除き続ければ、自分の川はきれいなままです。

 

もちろん捨てないで!と言うことも自分を守るために大切ですが、

 

悪気なく投げ込む人も中にはいることもあり、

それにいつまでも怒っているだけでは川はきれいになりません。

 

投げ込まれるゴミの対処は色々あり、

投げ込まないでと伝えることや、

ゴミを受け取らないなどの方法もありますが、

 

言えなかったり、受け取らないでいるのは

ちょっとしたコツがいりますから、

まずは一番簡単な掃除からはじめるといいと思います。

 

そうしてきれいにしていると、

人もゴミを投げ込みにくくなるものです。

 

 

そうして自分の川を掃除するのは、

自分を大切に愛することです。

 

他の誰が汚そうとしても、

いつも自分が見放さないで大切に愛していれば、

私たちの川はどんどんきれいになっていきます。

 

いつもいつも、そうして澄んで輝く自分でいられるように

大切にしていきたいですね。

 

新しい年の始まりに、

瞑想を毎日の習慣にするのもおすすめです。

 

今年もみなさまの川がきれいでありますように。

 

p.s.

まだ日程は未定ですが、今年も瞑想セミナーを開催する予定です。

ご興味のある方はぜひご活用ください(^^)