前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

違う価値観から学ぶ  

私の日常の毎日では、

会う人の人数が少ない方なのですが、

 

(ピアノの生徒さんと個人セッションの方にお会いするくらいで、

友達や親戚、ご近所の人などに会うことはありません。

電車に乗りませんので駅などで人とすれ違うこともなく、

食材などの買い物も週に1度くらいです。)

 

たまにいつもの人以外の人と会うととても新鮮に感じ、

発見や気づきも多くなりいい刺激になります。

 

先週までは旅行で母も含め色んな人に会ったのですが、

普段あまり人に会わないからこそ、

会った人の考えかたや行動の個性に敏感になり、

 

自分とは違う価値観から気づくことも多く、

世の中勉強の材料はいたるところにあるなと思いました。

 

誰かにとっての自分も含め、

人の存在にはそんな価値もあるように思います。

 

 

毎日自分の分身と2人暮らしをしていたら、

さぞ学ぶことが発見し辛く、成長しにくいだろうと思います。

 

違和感を感じたり、

「ん?何故そうなる?」と引っかかる所や、

「そんな考え方もあるのだな」などと発見することがないと

気づきは起きにくいですから。

 

自分とは違う価値観の人は、

仲良くなりにくいかもしれませんが、

たくさん発見や気づきをもたらしてくれ、

成長するためのヒント(疑問や不思議)が満載ですから、

 

仲良くなろう、合わせよう、理解してもらおうとがんばるより、

自分の価値観を客観的に知るために、

相手の価値観に同意しなくてもいいので理解しようとし、

学ばせてもらおうと貪欲に観察するといいように思います。

 

 

その時には、自分との違いから相手を

良い悪いと批評したり判断したりしないように

気をつけることが大事です。

 

つい人は自分と違う人を見ると、

「それはおかしい」「こうすればいいのに」

などと言いたくなるものですが、

 

そうではなく、自分がどこに引っかかったのか、

不思議に感じたのかを客観的に見て、

 

自分の中にある価値観やこだわり、ルールに

気づかせてもらうことに集中しましょう。

 

人の行動や考えが正しかろうとそうでなかろうと

それはその人の問題であり、

また自分が思う正しさが正しいとは限りませんから、

 

他人がとやかく口を出しをしたり評価するのは

余計なことです。

 

 

そんなことより、自分の成長のために、

 

何故今この人に違和感を感じるのか、

何故今、この人のこの部分を私は見ることになったのかを

考えてみると、

 

自分の問題点に気づいたり、

手放すものがわかったり、

自分の考えクセを見つけたりと、

たくさん発見したり学んだりできます。

 

f:id:yuko-k-ami:20191217220221j:image

(ハワイ オアフ島 カハラビーチにて。)

 

 

そうして自分の問題に集中すると、

他人の自分とは合わない部分が

気にならなくなりますし、

 

余計なおせっかいで

相手を頭の中で批判する無駄な時間が

有意義なものになります。

 

そのうえ、学ぶことをしっかり学び終わると、

自分は成長でき、一つステージが上がれたりもするので、

とってもお得です。

 

 

そうしてステージが上がっていくと、

だんだんと苦手な人には出会わなくなりますし、

嫌いな人がいなくなります。

 

自分の軸がしっかり出来てくるのです。

 

 

また、いつもの自分と逆の立場を経験するのも

気づきが起きやすいです。

 

先生と呼ばれる立場の人が自分が生徒側になったり、

お客さんとして普段買い物をしている人が接客業をしたり、

お金を自分で稼ぎ家族を養う人が養ってもらう側になったりすると、

 

今までの自分の言い方や考え方を振り返る

いいきっかけになります。

 

わかっているつもりが、わかっていなかったなと気づき、

元の立場に戻った時にとても役立ちます。

 

人が生まれ変わることも

そうして色んな立場を経験するためであったりするようです。

 

もしかすると今女性の方は昔男性だったかもしれませんし、

今世で病気がちな人は、昔すごく元気だったのかもしれません。

 

本当にその立場に立たなければ気づけないことがあるから

今その立場を経験しているのかもしれませんね。

 

 

人生に起こる出来事や変化、出会う人の行動や考えは、

全て自分の成長の糧になります。

 

「もうイヤ!嫌い!」で終わらずに、

そんな風に自分に向き合う材料にさせていただきましょう。

 

それが実はもう同じような苦手な人に会わないための方法ですから。

 

おかげさまで私は今は苦手な人にはほとんど会わなくなり、

嫌いな人もいないので

「もうイヤ!」と思うこともなくなりました。

 

たまに出会う交通事故のような状況も、

「何故今起きたのだろう」と考え、気づき学ぶだけになりました。

 

そんな考え方も習慣で、

やり慣れるとそう難しくなく簡単ですから、

ぜひ取り入れてみられてはと思います。

 

そんな相手が家族や職場などにいる場合、

時間をかけて学ぶ要素がたくさんあるのかもしれませんね。

 

せっかくの機会、いい学びの材料と考え、

自分の気づきのヒントにさせていただきましょう。

 

嫌だ、苦手だ、で終わらずに、

出会う状況をうまく活かしていきたいですね(^^)