前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

次のステージに行く時〜心の中の埃

今日は柔らかな太陽の光が眩しい一日でした。

 

こんな日は窓を全開にして家中の空気を流し、

太陽のエネルギーをたっぷり充電できうれしいです。

 

家も喜んでいるようです。

 

先週まではセミナー開催のため出張が多く、

家のことは必要最低限になっていましたので、

終わったら部屋の整理や片付けなどをしたいなと

思っていました。

 

日々少しずつちょっとした片付けはしていますが、

ひと月ふた月経ちますと、小さいながら色々変化があり、

 

今の自分に合わせて整理したりしたくなります。

 

このひと月ふた月の間に経験したことや学んだことで

自分の波動が変わったのでしょうね。

 

 

本好きなので、増えた本を置くために本棚の見直しをし、

増えて本棚に置きにくい分を手放したり、

 

季節が変わり、そろそろ手放そうと思っていた

服やハンカチなどを処分したり、

 

いらなくなった紙の資料を整理したりし、

冷蔵庫や冷凍庫の中を空っぽにして掃除したり、

 

ケトルやストーブなどの家電をきれいに磨いたり…。

 

そんな普通のことをする時間が大好きで、

心が落ち着きます。

 

家が片付いてすっきりすると居心地がよく、

ただ家にいるだけでうれしくなるので

やはり掃除や片付けはいいなと思います。

 

これは仕事がひと段落ついたら

やりたかったことの一つでしたから、

 

今日はそれができてうれしかったです(^^)

 

 

一昨日、私の部屋にあったテレビとDVDデッキ、テレビ台を

手放したことも大きく、

おかげで部屋も広くなったのですが、

 

それ以上に、テレビを手放すと電気コード(配線?)もなくなり、

延長コードもいらなくなり、

 

テレビ台の裏の埃(ほこり)も一掃でき、

 

思った以上にスッキリしました。

 

 

もうずっと部屋にあったものがなくなり、

長く置いていたスペースを見ると、

その壁にも床にも埃がうっすらとかぶっていて、

 

雑巾で拭くとびっくりするほど汚れていました。

 

モノがあって手が届かず隠れていた所に

こんなに埃があったのだなぁと驚き、

 

そうだろうなとは思っていましたが、

手が届かないから、自分一人では簡単には動かせないから、と

そのままになっていたことの結果がこれなのだなと思った時、

 

まるで心の中みたいだなと思いました。

 

 

私たちは、自覚している

ストレスや辛さ、悲しみ、悔しさ、怒り、不安などは、

自覚があるだけにそのままでは不快なので

ケアしようとしますが、

 

無自覚のうちに積もる塵(ちり)のようなものは

そのままになっていることが多いです。

 

でも部屋と同じで、生きていれば誰もが

そうした無自覚の気にも留めないような、

または気にし過ぎないようにとやり過ごした

塵のような想いが積もっているものです。

 

これは自覚がないだけにわざわざ掃除しよう、ケアしようとは思いません。

 

だからいつまでもそこにあり、

静かにでも確実に積もっていきます。

 

 

また中には無自覚な塵というレベルではない、

部屋のテレビ並みの大きな傷もあり、

 

さすがにそれは痛みとなり自覚もあるものですが、

 

泣いてもしょうがない、

嫌でも諦めるしかない、

許せないのは自分が未熟だからだ、

みんな我慢して乗り越えて生きているのだ、と

自分に言い聞かせ、

 

その痛みのために、

頭を掻きむしりながら涙が枯れるほど泣くでもなく、

大声で思いのままに叫ぶでもなく、

 

せいぜい食べ過ぎたり飲み過ぎたりする程度で、

ちょっと人に愚痴り、カラオケや買い物で発散し、

 

一人で飲み込んで見ないようにして

心の底に沈めていたりします。

 

まるでテレビの裏にたくさん溜まっている埃のように、

あるだろうと予想はしながら、

 

でも自分一人では手に負えないとか、

そんなものは誰にでもある、

遠い昔に過ぎたことだと自分を納得させ、

 

溜まりすぎて触ることも億劫に感じ、

見ないふり、気づかないふりをして

そのまま生きていたりします。

 

f:id:yuko-k-ami:20191123231953j:image

 

それでも人生は楽しめますし、

自分は充実していると思えると思います。

 

見えない埃や傷など、見なければないのと同じ、

ちゃんとテレビは映るし、使う部分は掃除もしているから

自分はスッキリしている、と思っていたりします。

 

テレビの裏の埃など普段考えもしませんし、

気にもなりません。

 

でも埃(傷)はそこにあり、

次へのステップへと進もうとする時、

その埃に向き合うことになります。

 

 

テレビを手放し、机と椅子を置こうとしたら、

その埃をきれいにしなければなりません。

 

面倒で見えないからとゴチャゴチャになっていた配線コードを

どれがどの線か見ながら、

いらなくなったものは捨て、

その埃を拭き取らなくてはなりません。

 

それをやらずに新しいものを置くことはできないのです。

 

まさに人の心と同じです。

 

 

人の心もテレビを手放す時と同じで、

自分一人で大きく重いテレビ台を運び出せないこともあり、

 

そんな時は誰かの手を借りたり、

よしやるぞ!と思い腰を上げ、本気で向き合う必要があります。

 

それは普段なかなか面倒で、

 

別にやらなくても

それなりに楽しく充実して生きていけますから、

わざわざやろうとしないものですが、

 

新しい自分を生きようとする時、

自分を変えたい時、

次のステージに移る時は、やらないでは次へ進むことができません。

 

次のステージに移る前には

そんな知らずに溜め込んでいた埃が次々と

無視できないように目の前に現れます。

 

そこで埃から逃げてやり過ごそうとすると

更に大変な問題になりますから、

 

そんな時はとことん向き合い、

埃をしっかりきれいにすることが大切です。

 

 

それは例えば、体調不良として現れたり、

人間関係や仕事の問題として現れたり、

お金の問題や家族関係としてなど、様々な現れ方をします。

 

私も何度もありました。

(今年もありました。これが大変ながらおもしろかった?ので

またゆっくり書きますね。)

 

どんどん進化する人は、

よるあることだと思いますが、

 

それはいつも絶対に無視できないような

大変な形で現れます。

 

でもそうして表に出てくることで

気づき、きれいにしていけますので、

 

もしそんな問題に出会った時は、

次へのステージに進む時がきたのだと思い、

 

手っ取り早くどうにかやり過ごそうとせず、

自分の心の深い部分と向き合い、

本当の自分を知る機会として生かしてみてくださいね。

 

 

どうやってその埃をきれいにするのか?についても、

 

また詳しく書きたいと思いますが、

まずは毎日瞑想をするといいですよ。

 

瞑想は日々積もる塵をきれいにすることができます。

 

今日の塵や埃は今日きれいにすることで、

これ以上溜めないでいられますから。

 

瞑想で積もり積もった埃の大掃除もできますが、

場合によっては一人では大変で難しいこともあります。

 

そんな時は必要であれば

キネシオロジーの個人セッションもご活用ください。

 

 

まだまだ書きたいことはありますが、

長くなりましたので今日はこの辺で。

 

テレビを手放し、その掃除をしていて

人の心と同じだなぁと気づきました。

 

そもそもモノを増やさなければ

そんな見えない、自分の手に負えない埃もたまりませんから、

 

やはり自分の人生に必要ない

価値観や考え方、囚われなどは手放し、

常に今の自分に合わせて更新し、

 

日々積もる塵をきれいにしながら、

軽やかに生きていきたいなと思います。

 

 

今は大掃除にもいい気候ですね。

 

みなさまも年末まで待たずに、

寒過ぎない今のうちに

部屋の掃除も心の掃除も手をつけてみられてはと思います。

 

ますます軽やかに輝く毎日となりますように(^^)