前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

世界を創るのはあなた〜三次元の枠を超える

今日も見事な青空が広がる秋晴れの一日でした。

 

午後、傾きだした陽を浴びた木の葉が黄金色に輝き、

風でキラキラと揺れる様が美しく、

 

今更ながら、

私はなんて素敵な世界に生きているのだろうと思い、

 

そんな機会をいただいている今を

もっと大切に味わって生きようと思いました。

 

 

晴れの日の世界は色彩が鮮やかで、

見るものすべてが輝いていますし、

 

曇りの日は世界が柔らかく優しいトーンに感じられ、

 

雨の日は太陽ではなく水が

また別の世界を見せてくれます。

 

雨の世界は光とはまた別の表現で、それが大好きです。

 

そして日が暮れた夜には

月明かりの世界や真っ暗な世界が広がり、

それはまるで無限の可能性を感じさせてくれます。

 

光がなければ色は見えませんが、

それは何色である可能性もあるのだと

囚われないで世界を楽しむ自由を

教えてくれているように感じます。

 

 

光の下では赤は赤、青は青です。

 

でも夕暮れの光が、緑の葉を黄金色に見せるように、

光によって色は変わり、暗闇では見えなくなります。

 

そんなことを思い、ふと、

 

ああ、私が光になれば、見たい色の世界が見え、

そしてそれはいつでも変えられるのだなぁと思いました。

 

光の中で遊ぶことも大好きですが、

 

同時に自ら見たい世界を照らし見せる側になれば、

自由に色んな世界を創り出せ

おもしろいだろうなと思います。

 

 

人は、目の前の世界を、

ただ現れたことを、見せられる側でいて、

 

出来事も、今日の気分も、

勝手にやってきたものにより変化しながら経験することを

当たり前のように思っているようです。

 

今日が晴れて空が青くて美しいのも、

苦手な人から愚痴や自慢話を聞かされことも、

今の家に住み暮らしていることも、

世界の貧困がなくならないことも、

 

自分にある状況が喜ばしくても、嫌で納得できなくても、

まるでそうでしかない事実のように

自分の世界として見ています。

 

嫌で納得できなくて、どうしても変えたくて、

受け入れられないと思いながらも、

その現実をそのまま生きています。

 

例えば、この人はこういう人だとか、

会社のお給料は上がらないとか、

体力がなく体が弱く生きるのが大変だとか、

 

本気で嫌だと思っていても、

嫌だと言いながら生きることを

嫌々ながら受け入れていたりします

 

それは、見せられている世界で、

赤は赤だ、赤は白や黒、紫などではない、と、

疑いもしないような感じです。

 

f:id:yuko-k-ami:20191104194723j:image

 

でも本当にそうでしょうか?

 

赤を赤に見せているものがあると気づくと、

変えられるのではないでしょうか。

 

これは現実を受け入れないということではなく、

誰かのせいという話ではなく、

 

今、私はこの世界をこう見ている、見えている、

でも光の当て方次第で世界は変わる、

更に、光に限らず他のものややり方で

世界は創造できるのだと知っているかどうかが

大切だと言う事です。

 

 

これは例えば、意地悪だと感じる人も

別の方向から見ればいい所もあるだとか、

そういう話のもう一歩先で、

 

ただ物事を見る角度や目線を変えるというだけではなく、

 

例えばその物事を見せている光を、

昼の太陽光からオレンジ色の電球色に変えると

色そのものが違って見えるということや、

 

光に限らず、例えば雨が

街や景色の見え方を変えるように、

自分で意識を広げたり変えたり、

何かひらめいたアイデアを試していいのです。

 

見せられる側ではなく、

見えるものをどう見るかを

自由に創造することができるのです。

 

それを知っていると世界は自分色に

自由自在に楽しむことができ、

 

光あふれる朝の風景も、

雨の輝きやくすんだ世界も、夜の暗闇も、

 

その現実により見せられているのではなく、

演出する側になり、

 

どう描くかを自由に試し、楽しみ、

同時にその世界を楽しむこともできます。

 

人間って、生きるってすごく創造的でおもしろいですね!

 

 

話が抽象的で分かりづらいかなと思いますが、

まとめますと、

 

現実に自分が見ているものが

赤だから赤でしかないわけではなく、

緑が黄金色に輝くように、

光によりその見え方は変化します。

 

それは葉の色を変えなくてもできること、

現実を無理やり変えなくてもできることで、

 

そこに当たる光の問題だということを思い出し、

 

どんな光を当てているのか、当たっているのかを考え、

自分が光を当てる側にもなれると気づけば、

 

それ以外にも自由に色んな色の世界を

楽しむことができるのです。

 

(光を当てる側というのは、政治家や有名人、

霊能者などになるということではありません。)

 

更に、光だけではなく、雨や雪、霧などによっても

世界は全く違って見えますし、

 

同じ光の下でも、例えば

そこに音楽や香りが加われば、

見え方も感じ方も大きく変わります。

 

世界は自分が観客や俳優なだけである必要はなく、

台本も書き、演出も監督も自分で担当し、

 

好きなように創造していけるのです。

 

 

言葉で分かりやすく表現しようとすると、

言葉の枠に入ってしまい、

 

ありきたりな話にすり替わってしまって、

うまく伝えられないのが悔しいですが、

 

ここに書いた言葉を頭で理解しようとしないで、感覚的に捉え、

少しでも「感じて」いただけたら本質に近づくと思います。

 

 

イメージが夢を叶えるとか、

出来事は自分の見方次第、というような

これまでに聞いたような話ではなく、

 

私たちの可能性はもっともっと広がっていて、

 

三次元の枠を超え、

もっと自由に世界を創造し、

創造することもそれを生きることも

楽しむ人が増えるといいなと思います。

 

このテーマはまた書きたいと思います。

言葉の限界に挑戦です!笑

 

でも最後はやはり理屈ではなく、感覚になると思いますので、

この先の世界を自由度を上げて生きるためにも、

感覚は磨くことはとても大切だと思います。

 

そのためにも美しいものをたくさん味わったり

瞑想をするといいですね。

 

みなさまの毎日がますます自由に自分を生きるものとなりますように(^^)

 

 

秋のセミナー ♪

10月6日(日)大阪キネシオロジーセミナー 満席

10月26日(土)東京幸せを生きるセミナー 満席

10月27日(日)東京瞑想セミナー 満席

11月10日(日)大阪瞑想セミナー 残席1席

11月16日(土)東京キネシオロジーセミナー 満席

 

・瞑想セミナー - 前向き気づき日記

・セミナー「幸せを生きる」 - 前向き気づき日記

・潜在意識の声を聞く・キネシオロジーセミナー - 前向き気づき日記