前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

自分を見守ってくれる存在を知る方法

台風が通り過ぎた昨晩から一夜明け、

今夜は空気も軽やかな穏やかな夜となりました。

 

みなさまのお住いの地域は大丈夫でしたでしょうか。

 

千葉ではまだ停電が続いているそうですが、

直そうと必死でがんばる業者さんも、

そこで暮らす多くの人も、

できるだけストレスなくスムーズに進んでいきますように。

 

 

先日の長野旅の最後に

ロサンゼルスで共に学んだ友人と素敵な人に会ったのですが、

 

その時に話の中で、

人にはどんな人にも

自分を見守り応援してくれる存在がついている

というお話になりました。

 

これはよく言われていることですから、

例えばその存在をガイドと呼んだり、神さまと呼んだり、

ご先祖さまや天使など、

人により様々な存在を思い浮かべるかもしれません。

 

実際その存在は様々で、

またそれは一人ではないとか、

その人の人生の中でも入れ替わったりもするなど、

色んなお話があります。

 

そんな諸説はどうあれ、

そんな存在がいてくれるなんてありがたくうれしいことですね。

 

見守り応援してくれる存在がいるらしいと知っていても、

実感がないと今ひとつピンとこなくて

いつの間にか忘れているという人も多いのではと思いますが、

 

それが例えばご先祖さまなら

おじいちゃんなのか曾おばあちゃんなのかとか、

神さまならどんな神さまなのかなど、

 

少し具体的に分かるとイメージしやすかったりしますね。

 

と言っても、霊能者でもなければ分からないだろうと思いきや、

意外と簡単に分かるので、今日はそんなお話です。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

まず一番簡単な見つけ方は、

自分が辛い時や人生に行き詰まった時、何かを祈る時などに、

 

いつも頼りにしている存在、

無意識のうちに思い描いている存在、

「助けてください!◯◯!」と思わず呼ぶ存在です。

 

必死の時、危機一髪のような状況の時、

体調が悪い時、祈ることしかできない時などに、

自分がよく呼ぶ存在がいると思います。

 

普段は神さまに祈ることなどしない人でも、

人生で一度くらいは

思わず祈った経験があるのではないかと思います。

 

よくお腹が痛い時に思わず祈った、などという話を聞きますが、

そんな時に祈った相手は誰でしょう?

 

それは人により違いますが、

そのよく頼る存在が自分を一番近くで

見守ってくれている存在です。

 

 

また別の知るヒントは、

子供の頃から親しんだ場所や環境にあり、

 

例えば子供の頃、よく近所のお寺や神社で遊んでいたなら

そこの神さまや、

 

とてもおじいちゃん子だったなら、

そのおじいちゃんかもしれません。

 

実際、長野で会った友人を一番近くで見守ってくれているのは

彼女のおじいちゃんでした。

 

彼女はとてもおじいちゃん子だったそうで、

いつも辛い時には心の中で

おじいちゃんに話しかけていると話していました。

 

f:id:yuko-k-ami:20190924000501j:image

(長野旅より。)

 

 

あともう一つのヒントは、分からない人もいるかもしれせんが、

 

これまでの人生で本当に大変な時にふと思った存在は、

自分を一番近くで見守っていてくれる存在だと思います。

 

これは生きるか死ぬかというような危機や、

もう本当にどうにも生きていけないと思うほど辛かった時に、

何故かふと思った存在は、自分を側で応援してくれている存在です。

 

 

3つの見つけるヒントを書きましたが、

思い当たることはありましたか?

 

それがもしかしたら間違っていても問題ありませんから、

 

何故か昔から天使の絵やお話が好きだから天使かしら?

いつもかわいがってくれていたおばあちゃんかな?

と思ったら、

 

ぜひ「いつもありがとう」と話しかけてみてください。

 

そうして話しかけるほどつながりが深くなり、

もし違っていても応援してくれる存在になりますよ。

 

 

長野では、友人とキネシオロジーで確認してみますと、

やはりおじいちゃんが彼女を一番側で見守ってくれる存在でした。

 

すごいね!本当に見守ってくれているんだねー!

とジーンとして感動しました。

 

帰ってから主人にその話をしますと、

「それなら僕はきっとうちの近所の神社の神さまだ」

と言うので、

 

主人とキネシオロジーで調べてみますと、やはりそうでした。

 

 

私は何だろう?と考えましたら、

子供の頃、近所のお寺でいつも遊んでいたからか、

そこにいらっしゃる阿弥陀如来のようです。

 

始めは友達や主人のようにすぐにこれ!と分からず、

色々考え見つける過程で、

上の3つのヒントが出てきました。

 

キネシオロジーで確認してやはり、と納得でした。

 

私は子供の頃、毎日のように

すぐ近くの小さなお寺のお庭で遊んでいて、

お寺の行事にもよく参加していましたし、

小学生の頃からよく祖父が買ってくれた

仏像の写真集などを見ていました。

 

また瞑想で初めてお会いした神さまもそうでした。

(高波動の存在はその人のイメージする存在の姿に

シェイプシフトしますから、

その姿が私の神様像ということです。)

 

そういえば、このブログをアメブロで始めた時の

私のペンネームは「アミ」でした。

 

これは「アミ小さな宇宙人」の本から取ったことと、

人にコメントなどで名前を書いてもらう時に、

書きやすい名前、変換が簡単な名前と思って選びました。

 

まさか阿弥陀如来とつながっていたなんて、

偶然とはいえビックリです!(必然か。)

 

 

これは余談ですが、その流れで知ったのですが、

私は直近の前世10回中6回が聖職者だったようで、

(修道女や牧師など。直近100回でも62回。

これもキネシオロジーで知りました。)

 

瞑想や祈り、音楽や、

人に学んだことを伝えることなどは、

よくやってきたことのようです。

 

今自分がしていること、無理なく自然にできることは、

長い魂の歴史の中で積み重ねてきたことが多いのでしょうね。

 

 

話が逸れましたが、

そうしてこれまでの自分を振り返ると、

自分を見守ってくれている存在を知ることができます。

 

確認できなくても、自分がそうだと思い、

いつも話しかけ、頼りにしていると、

本当につながりが深まりますから、

 

信じてどんどん話しかけ頼るといいようです。

 

人間だって、親しみを持って

仲良くしたいと思ってくれる相手はうれしいように、

 

見守ってくれる存在も、きっと喜んでくれると思います。

 

 

また頼ることを学ぶと謙虚になれ、

自分がやらなくちゃ!と一人で何もかもがんばる人ほど

そうした存在を思い出して話しかけたり頼るといいようです。

 

私もこれからもどんどん話しかけていきたいと思います(^^)

 

 

みなさまを見守ってくれている存在は分かりましたか?

 

分からないという方は3つのヒントをもとに

ゆっくり考えてみてくださいね。

 

また最後のヒントとして、

その存在のことを思うと自分の軸がしっかりするように感じるものです。

 

そのことを考えると強く生きられると感じるなら、

それがあなたを見守り応援してくれる存在です。

 

そしてぜひ信じてどんどん話しかけ頼りにしてみてください。

 

みなさまの人生を見守り応援する存在が

いつもいることを忘れず、

 

自分や宇宙を信頼し、

しなやかに強く生きていきましょう(^^)

 

 

秋のセミナー 受付中♪

 

10月6日(日)大阪キネシオロジーセミナー

10月26日(土)東京幸せを生きるセミナー

10月27日(日)東京瞑想セミナー

11月10日(日)大阪瞑想セミナー

11月16日(土)東京キネシオロジーセミナー

 

大阪キネシオロジーセミナー、

東京キネシオロジーセミナーは満席です。

 

・瞑想セミナー - 前向き気づき日記

・セミナー「幸せを生きる」 - 前向き気づき日記

・潜在意識の声を聞く・キネシオロジーセミナー - 前向き気づき日記

 

キネシオロジー出張個人セッション

キネシオロジー個人セッション <東京・大阪> - 前向き気づき日記