前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

できないを受け入れると世界が広がる~自分を更新する

今日もきれいな夕焼けでしたね!

 

最近ちょうど夕焼けの時間に

車に乗っていたり外に出ることが続いていて、

色んな場所で夕焼けを見ることができ、うれしいです。

 

今日も夕陽の輝きが青に包まれていく様を見ることができ、

いい一日だったなと思いました。

 

今日は仕事の移動中で、日が暮れても仕事は終わらず、

忙しい一日だったのですが、

 

夕焼けを見ると今日を生きたなと感じ、

安らかな気持ちになるから不思議です。

 

きっと電気のない大昔から、

日暮れを見て一日の終わりを感じてきた記憶が

どこかにあるのでしょうね

 

 

そう言えば以前ニュージーランドで大地震に遭った時、

水道や電気のない生活を1週間ほどしましたが、

 

(千葉の停電がスムーズに復旧しますように。)

 

電気がないと夜は本当に全く何も出来ず、

すること、出来ることがないので、

 

日が暮れる21時ごろから諦めて寝ていました。

(ニュージーランドの夏は日が長いのです。)

 

眠れない時は庭に出て何時間も星空を見上げていました。

 

電気が全くないので、星がとても綺麗に見えました。

 

本当にそれ以外出来ることがなく、

 

私たちの日常って、どんなに予定がいっぱいで忙しいと言っても、

この仕事はいつまでに、絶対にと言っても、

 

電気がなければ夜は何も出来ず、

 

現代がどんなに発達していても、

意外とあっさり強制終了を受け入れることに

なるのだなぁと思いました。

 

なんだ、あんなに「絶対に」と思っていたことが、

こんなにあっさりと全部なしにできるのだ、と思いました。

 

時々あの生活が懐かしくなります。

(色々大変ではありましたが。)

 

 

明るい間にやることをやり、

日が暮れたら寝る。

 

(物が見える明るい時間は起きていないと

もったいなく感じるので、

早く起きようと思いますが、

日が暮れたら寝るので、

がんばらなくても自然と朝は早起きになります。)

 

雨が降ったら雨水を溜め、それで手をすすぎ、

家で過ごす。

 

充電できないので携帯も触らず、

本を読むには家の中で明るい場所を探し、

 

水道も止まっていたので、

朝起きても寝る前も歯も磨けないし、料理もできないので、

身繕いや家事もない。

(トイレは庭の青空の下でした。)

 

やることと言えば、給水車の列に並ぶくらいでした。

 

そんな一日の時間の流れはのんびりしていて、

やるべきことなどなく、

 

起きたその瞬間から、さて何をしようかな?と

全部自分の心のままの一日でした。

 


電気や水道は本当にありがたく、便利で、可能性が広がり、

素晴らしいものだと思います。

 

実際いくらその生活が懐かしくても、

歯も磨きたいし髪も洗いたいし、温かいご飯も食べたいですから、

ずっと電気や水道なしではもう暮らせません。

 

でもどんなにやることがあっても

日が暮れたら仕事は終わりとか、

22時には強制終了、などというのは、

いいかもなと思います。

 

(と言いつつ只今23時すぎですが。笑)

 

 

結局、いつでも使えるからと、いつまでも使ってしまい、

終わりを決めそれ以上は諦めて手放せばいいのに、

そうできないのが現代の私たちの問題ですね。

 

(我ながら書いていてイタイです。汗)

 

災害が相手なら受け入れ諦めるのに、

 

人間が相手だと、それが自分であれ他人であれ、

がんばればどうにかできるでしょうと

できないを受け入れないのは、

日本人の側面かもしれませんね。

 

f:id:yuko-k-ami:20190918001709j:image

 

こんなことに限らず、自分のできないを受け入れることは

自分の世界を広げてくれるように思います。

 

できないと諦めると、

可能性が狭くなるような気がするかもしれませんが、

 

できないを受け入れることで世界は広がります。

 

できないを受け入れることで、

「~ねばならない」という縛りから自由になれ、

 

自分らしさが今以上にあふれ出します。

 

つい周りの人と比べたり、

常識ある大人として、いい人として、

みんなやっているのだからこれくらいはやらなくてはと、

最低限のハードルを高くしてしまいますが、

 

ハードルなどそもそもなくていいのかもしれませんね。

 

 

こんな、日常の暮らしの様々なこと、

例えば今日のお話のような時間に関することや、

やるべきことなど、

 

時々見直して今の自分に合うように

リニューアルしていけるといいなと思います。

 

自分らしく生きることは、

ある日突然100%自分で生きられる人もいるでしょうが、

 

多くの人は少しずつ自分らしさを活かした生き方へと

シフトしていくように思います。

 

ですから、少し前に自分らしい生き方へと変わった部分があり、

それで満足していても、

 

またしばらくすると別の気づいていなかった自分らしさに気づくものですから、

人付き合いや仕事の仕方、暮らしなどを再度見直し、

 

更に自分らしい、居心地のいい生き方へと

シフトしていくといいと思います。

 

 

一度大きく何かを手放し、それで満足してしまう人もいますが、

人は成長しだすと勢いがつき、どんどん変わりだすものです。

 

流れに乗る人は、例えば合わない仕事を手放すと、

その流れでプライベートの人間関係が大きく変わり、

暮らし方や時間の使い方が変わり、お金の使い方が変わり、

価値観が変わり、

 

そしてまた働き方も変化していく、というように 、  

(手放すものは順不同で、仕事がはじめというわけではありません。)

 

こうして時々新しく受け入れることと、

古くなった価値観を手放すことを繰り返し、

 

より自分らしい生き方を実践していけるといいなと思います。

 

 

きっとどんなに完成されたような自分らしさを生きる人も、

2年も経てばご自身の成長もあり、

また違う形に移っていくものではないかと思います。

 

(私自身、全くの未完成人間ながら

今また変化の中にいるのを感じます。)

 

自分らしさに完成形などないものだと思いますから、

(元になる自分自身が成長し変化しますから。)

 

時々いるもの、いらないものを見直し、

受け入れたり手放したりしながら、

 

自由に軽やかに生きていけるといいですね。

 

明日も自分らしさに素直な一日を(^^)

 

p.s.

遠隔ヒーリングのお申込みをたくさんいただき

ありがとうございます。

9月はもうご予約がいっぱいで受付を締め切りました。

10月も少しずつ埋まってきていますので

ご希望の方はお早目のご予約を(^^)

 

秋のセミナー 受付中♪

 

10月6日(日)大阪キネシオロジーセミナー

10月26日(土)東京幸せを生きるセミナー

10月27日(日)東京瞑想セミナー

11月10日(日)大阪瞑想セミナー

11月16日(土)東京キネシオロジーセミナー

 

大阪キネシオロジーセミナー、

東京キネシオロジーセミナーは満席です。

 

・瞑想セミナー - 前向き気づき日記

・セミナー「幸せを生きる」 - 前向き気づき日記

・潜在意識の声を聞く・キネシオロジーセミナー - 前向き気づき日記