前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

ストレスや疲労を回復する瞑想法

 

今日は薄い雲間からのぞく柔らかな太陽が

美しい一日でした。

 

そんな太陽に出会うと、とっておきの贈り物を

いただいたようにうれしくなります。

 

太陽の光は人を幸せにしますね。

 

その後仕事帰りの21時ごろには小雨が降っていましたが、

霧雨のような優しい雨で、

 

穏やかで静かな雨は、

日中の忙しさを落ち着かせてくれるようでした。

 

一日で太陽の光と雨に出会え、贅沢な一日でした。

 

どんなに忙しくても、自然を感じ味わい、

そこからいただいているたくさんの贈り物に気づくことを

忘れないでいたいなと思います。

 

 

そんな帰り道にふと思い出したのですが、

 

学生の頃、大阪まで片道2時間ほどかけ

ピアノのレッスンに通っていた時、

 

その先生のところに行く時は

普段より緊張感もあり、

また慣れない街まで長時間かけて行くので

帰ってくる時には疲れてぐったりしていました。

 

夜遅くに最寄駅に到着し、

駅から自転車で帰る間、

 

もう疲れ果てて体が重くて

自転車を漕ぐ足も動かない、と思いながら

ゆっくりなんとか帰っていると、

 

不思議と家に着く頃には体が軽くなっていて、

頭もスッキリしていました。

 

あんなにドロドロに頭も体も疲れ果てていたのに、

何故だろうと毎回思いましたが、

 

夜の澄んだ新鮮な空気のせいだなと気づきました。

 

 

人でいっぱいの電車の中や駅の人混みなどは、

空気がいいとは言えず、

座っていても、特に気にならなくても、

無自覚のうちに疲れるものですが、

 

人混みから離れ、車などが通る道から離れ、

公園やお庭など自然が多くある静かな道を通ると

空気が新鮮で、

 

体の疲れも頭の疲れもスッキリしました。

 

空気って本当にすごいですね。

 

 

ところで、ストレスと言いますと、

モヤモヤしたりイライラしたりと、

なんとなく心の問題のようにも思いますが、

 

実際には脳の知的中枢である

大脳新皮質にかかる負担が大きくなり、

脳の他の部分とのバランスが崩れることで

自律神経の中枢が疲れ乱れることによる影響が

大きいそうです。

 

自律神経への負担が大き過ぎることにより、

脳が酸化ストレスにさらされ、

脳の働きが滞っている時にストレスや疲労を感じます。

 

そうなると細胞の機能が低下し 、

栄養の取り込みと老廃物の排出がともに滞って

機能停止状態になってしまい、

 

体にむくみを感じたり、怠さやイライラを感じたりします。

 

このままでは疲れが疲れを呼び、

悪循環になってしまいます。

 

 

ではどうすればいいか?と言いますと、

一番大切なのは呼吸です。

 

質のいい呼吸をすることで、老廃物の排出を助け、

効率よく疲れやストレスを取り除くことができます。

 

ストレスの原因や人生の様々な問題、

次から次へとやってくる悩みを

どうすればいいのか?と悩む時、

 

毎日あまりにも疲れ過ぎて体が重いという時などは、

 

色んな対処法を考えできることをしていくことも大切ですが、

 

まずは誰でもすぐにできる呼吸を整えることを

毎日やってみるのがおすすめです。

 

f:id:yuko-k-ami:20190828000402j:image

 

私は瞑想を始めて長いですが、

瞑想をするといつもとても頭も体もスッキリとし、

疲れがなくなったりするのですが、

 

これは呼吸と、瞑想で頭のおしゃべりを手放すことの

二つの効果があると思います。

 

呼吸を整えるだけでも素晴らしい効果がありますが、

一緒に頭のおしゃべりを手放してみると、

 

相乗効果で更にその違いを感じやすいでしょう。

 

 

瞑想には様々なやり方がありますが、

今日ご紹介するのは

先にお話したような、

 

脳の疲れや体の疲れ、ストレスや、

それが原因で体に現れる

むくみや怠さ、イライラなどに効果的な方法です。

 

潜在意識とつながるような深い瞑想とは違いますが、

これは誰にでもあることで、使えることだと思いますので、

 

ぜひ試されてみてはと思います。

 

 

やり方は簡単で、

普段の瞑想とは違い、この時は横になり仰向けに寝て、

膝を軽く曲げておきます。

 

そのまま息を吐き切り、

続けて深く息を吸います。

 

呼吸は鼻からで、腹式呼吸です。

 

吸う息より、吐く息を長くゆっくりにするようにします。

 

 

これを繰り返すだけですが、

もう一つポイントがあり、

 

換気をしながら行うことです。

 

締め切った部屋や、空気の澱んだ部屋では

せっかくの効果が半減しますから、

 

新鮮な空気を外から取り込み、

吐き出した空気が外に出て行くように、

 

部屋自体も呼吸させながら行うようにしましょう。

 

できれば部屋を簡単でいいので片付けておくといいですし、

掃除もしておくといいのですが、

 

とにかく疲れていてもう無理、という時は、

換気をしながらこの呼吸を繰り返しましょう。

 

 

更に効果を上げるには、

この呼吸をしながら、

頭のおしゃべりが始まったら、

それに気づくたびにストップするようにしましょう。

 

また頭のおしゃべりが始まって止められない!と厳しく考えたり、

そのことをストレスにしないように、

 

おしゃべりが始まっていたことに気づいた時には、

ただ、「あ、まただ。はい終わり〜」とか、

「もうそれはいらないよ〜」と自分に声をかけながら、

 

やめるだけでいいのです。

 

 

こうして呼吸に意識を向け、

ゆっくりと繰り返していると、

 

脳の疲労が回復し、自律神経が整い、

ストレスも落ち着いてきますし、

体のむくみも改善されてきます。

 

ストレスの原因について難しいこと考えたり、

色んなサプリやドリンクなどをたくさん飲んだりするより、

 

簡単で体にも優しく、とても効果的ですから、

ぜひ試してみてくださいね。

 

横になってできるので、

このあとそのまま眠るとぐっすり眠れますから、

寝る前にもおすすめです。

 

明日の朝は気持ちよく目覚めることができますよ(^^)

 

 p.s.

秋の瞑想セミナーの日程を計画中です。

瞑想の詳しいやり方にご興味のある方は

ぜひご参加くださいね(^^)

 

その他セミナーの開催日リクエストを受付中です。

お気軽にどうぞ。

kitayama.piano@gmail.com